体臭

2016/02/05

強烈な足の臭い…何をしても臭いが、どうすれば?

強烈な足の臭い…何をしても臭いが、どうすれば?

誰でも多かれ少なかれ体臭がありますが、特に足は靴を常時履いていると、どうしても臭くなりがちです。仕事中などは、頻繁に靴を履き替えるわけにもいきませんので臭いが発生しやすいですが、改善させるためのよい方法はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「足の臭いがすごすぎる。効果的な臭い対策は?」

足の臭いがひどくて困っています。毎日入浴時には、念入りに石鹸で足の指の間も洗っていますが、風呂から上がり少し時間がたつと、すぐにまた臭いがします。重曹がよいと聞いたので、しばらく重曹を溶かした水に足をつけておくと、たしかに臭いが取れますが、しかし30分ぐらいして足に汗をかいてくると、やはり臭いがきつくなってきます。一体この足の臭いの原因は何なのか、もっと長時間持続する足の臭い消し対策はないのでしょうか。(40代・男性)

足が臭くなる原因とは?

汗をかいたまま放置して蒸れた状態が長くなると、足についた雑菌がどんどん増えてしまいます。この雑菌が臭いの元なのですが、臭いの感じ方には個人差があるため、神経質になりすぎて自分の足の臭いに敏感になっている可能性もあるかもしれません。

足の臭いというのは、蒸れてしまったことで汗をかき、足の常在菌が繁殖して臭いの原因になっているといわれています。(看護師)
人間は誰でも臭いがあり、無臭という人はいません。相談者様の臭いがどのようなものなのか、わかりかねる部分がありますが、入浴後にしっかりケアもされているとのことですので、過敏になってしまっているために、臭いがひどく感じるのかもしれません。(看護師)

イソ吉草酸(きっそうさん)には重曹が効果的

汗と雑菌が混ざり合うと「イソ吉草酸」という物質が発生しますが、これが原因の場合は、足を洗っただけでは簡単に臭いを抑えることはできないと、看護師さんは説明しています。

イソ吉草酸と呼ばれる臭いの原因は洗っても落ちないといわれており、これを落とすには重曹が効果的なようです。しかし、重曹はすでに使用されているとのことですので、その重曹の中にお酢を入れてみてはいかがでしょうか。(看護師)

足の臭いが気になるという人は少なくないかもしれませんが、一度気になりだすと、自分の臭いが強く感じてしまうのかもしれません。入浴時や入浴後のケアはきちんとされているようですし、看護師さんからアドバイスいただいた、重曹に酢を入れるという方法も試してみるとよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加