ED

2016/02/03

40代、性欲はあるが精力が減退気味…精力剤の効果は?

40代、性欲はあるが精力が減退気味…精力剤の効果は?

性行為中の中折れは、男性としての自信喪失とともに、相手の女性をがっかりさせてしまったのではないかという心理的負担も大きいことでしょう。加齢とともに性行為中の精力減退を感じるようになった、と悩む男性に対してのアドバイスを聞いてみましょう。

40代男性からの相談:「精力剤を使用したいが、副作用はある?」

若い頃は、女性との性交渉しか考えていないほど性欲や精力が強かったのですが、40代になり、性欲自体はあるものの精力が落ちてきたように感じます。付き合っている彼女と性交渉をするときも、はじめは勃起しているのですが、途中でやわらかくなってしまうことが多くなりました。彼女も少し不満そうな顔をすることがあり、精力を回復したいと考えています。精力剤を使用すると、副作用で身体に支障が出ますか。(40代・男性)

精力減退の原因は様々、まずは生活と食習慣の改善を

精力減退の原因は加齢の他、疾病の場合もありまするので、心当たりがあれば受診を。持続力の維持には血流が大切ですので、代謝がよくなるバランスのよい食事を心がけ、運動を習慣にしましょう。

精力減退の原因には、生活習慣や年齢の他、生殖器や内臓疾患の場合もありますので、体調の変化に心当たりがあるようでしたら、病院で検査を受けてください。また、規則的な生活とバランスのとれた食事を心がけてください。食事は脂肪分を含むものを控え、亜鉛を含むものや、滋養強壮によい山芋やにんにく、ウナギなどを多めに。軽いジョギングなど、少し汗をかくくらいの運動を行い代謝がよくなると、男性ホルモンのテストステロンの働きもよくなります。(看護師)
年齢とともに精力が衰えてくるのは仕方のないことですが、男性器も血液の循環があってこそ持続力の維持につながります。普段から脂っこいものを好んで食べていると、性器への血液の流れが悪くなり、持続力も悪くなってしまうことがあります。レバーなどの食品は効果的だといわれていますが、好き嫌いもあるので「精力 食事」などで検索して好みのものを選んでください。また、運動を習慣にして血液循環をよくしてください。(看護師)

精力剤は医師に相談を、中折れ改善にはリラックスも大切

精力剤は注意が必要な場合もありますので、医師に相談を。サプリメントの効果は不明です。性行為中の中折れの原因は、彼女との行為がプレッシャーになっていることも考えられますので、リラックスして行うのがよいようです。

精力剤の使用にあたっては、医師の診断が必要なものや、他の薬を服用中だったり循環器の疾患があれば服用できない場合もあります。専門のクリニックや泌尿器科で医師に相談してください。性行為中の中折れの原因は心因的なことがほとんどです。彼女を満足させよう、成功しなければと、プレッシャーになっていないでしょうか。射精することが目的ではありませんので、性行為の際には相手を労わる気持ちでリラックスして行ってください。(看護師)
精力剤としてマカなどのサプリメントもありますが、その効果はなんともいえません。彼女との行為がプレッシャーになっていることも少なからずあると思いますので、行為以外にも前戯に時間をかけるなどしてはどうでしょうか。(看護師)

精力減退の原因には加齢の他に疾病の場合もありますので、受診することが一案です。精力剤の使用も医師に相談を。代謝をよくし持続力を維持するためには、バランスのよい食事と運動習慣がポイント、また性行為はリラックスして行うことも大切だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加