体臭

2016/01/29

体臭や口臭を指摘される…自分で気づかないが、どう防ぐ?

体臭や口臭を指摘される…自分で気づかないが、どう防ぐ?

臭いの問題に悩む中高年は、少なくありません。今回の相談者もそんな一人です。50歳を過ぎてから体臭や口臭を指摘されるようになった相談者ですが、自分では臭いに気づかないといいます。なかなか気づけない体臭や口臭に、どう対処すればよいのでしょうか。

50代男性からの相談:「自分では気づかない体臭や口臭を防ぐには?」

50歳を過ぎた頃から、知人や家族に体臭や口臭を指摘されるようになりました。加齢臭が始まっているよ、といわれますが、自分では気づきません。歯磨きや身体はしっかり洗っているつもりですが、指摘されると人に嫌な思いをさせているのではと恥ずかしくて落ち込みます。自分で気づく方法はありますか。また口臭の原因は何でしょうか。身体の洗い方や歯の磨き方についても教えてください。(50代・男性)

枕や服の臭いを嗅いで体臭チェックを。虫歯も臭いの原因に

自分では気づきにくい体臭ですが、枕の臭いや着ていたシャツの臭いを嗅いでチェックするとよいようです。虫歯や口腔内に疾患があると口臭の原因になることもあります。

自分の臭いは慣れてしまうため、自分では気づきにくく、周りの人から指摘されて自覚することはよくあります。自分の臭いを確認するため、朝起きたときの枕の臭いや、一日着用したシャツの襟やワキの臭いをかいでみてください。(看護師)
虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎など口腔内の疾患が口臭の原因になることもあります。心当たりがあれば歯科で治療しましょう。歯磨きをしても歯石などが付着していると、臭うことがあります。また、虫歯の治療痕の銀歯の下で細菌が繁殖して臭う、と聞いたことがあります。口の中が渇いていても臭いの原因になります。(看護師)
歯磨きはやわらかい極毛の歯ブラシで、歯ブラシを細かく横に動かしながら、歯垢が残らないよう、丁寧にすみずみまで磨いてください。磨きすぎや、ゴシゴシ擦ると、歯茎を傷つけ、傷口に雑菌が繁殖して、これも口臭の原因になります。歯磨きと洗口液を併用すると効果的です。(看護師)

食生活や生活習慣を見直して。入浴時は頭やワキ、耳の後ろを重点的に

野菜中心のバランスのとれた食事と、適度な運動も効果的です。入浴時は頭やワキ、耳の後ろを重点的に洗いましょう。

普段の食生活などはいかがでしょうか。緑黄色野菜や海藻、果物などは摂っていますか。肉類を好む人よりも、そうでない人のほうが臭いません。食事は脂っこいものを避け、野菜中心で低カロリー、バランスのとれた食事を心がけてください。(看護師)
毎日、軽い運動をして、汗をかくようにしてください。運動習慣がない人に比べ、運動習慣を持っている人のほうが体臭はきつくないというデータもあります。 (看護師)
身体を洗うときは、体臭予防や殺菌作用のある石鹸で、後頭部、耳の後ろ、ワキの下や、太ももの付け根など、皮膚の重なる部分を重点的に丁寧に洗ってください。意識しすぎるあまり、ストレスで臭うこともありますので、あまり考えすぎないようにしてくださいね。(看護師)

自分で気づきにくい体臭は、枕やシャツの臭いをチェックするとよいようです。生活習慣や食生活の見直しも効果的です。口腔内に病気があれば治療し、歯磨きや入浴方法にも気を配りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加