ED

2016/02/02

25歳頃から性欲が落ちて射精できない…改善の方法は?

25歳頃から性欲が落ちて射精できない…改善の方法は?

25歳を過ぎた頃から目に見えて性欲が落ち、行為をしても射精までいかないと悩んでいる男性からの相談です。何かよい改善策はないものでしょうか。

30代男性からの相談:「日に日に落ちていく精力を改善するには?」

私には長年同居している彼女がいます。彼女は6つ年下です。私は25歳を越えたあたりから、格段に性欲が落ちていきました。具体的には行為に及んでもまったくフィニッシュまでいかないのです。そのため、彼女も冷めさせてしまうし、自分としてもすっきりしません。私からしても、彼女に魅力がないわけでもなく、毎日幸せには暮らしています。ですが、このまま、私が興奮することがなく、心から愛し合うことができないと思うと残念ですし、彼女にも申し訳なく思ってしまいます。何か改善できるような薬などはありませんか。(30代・男性)

心因性や、マスターベーションの強すぎる刺激が原因のケースも

射精しなければ申し訳ない、心から愛し合っていることにならない、というプレッシャーが状況を悪化させている可能性も。また、強い刺激のマスターベーションをしていることから引き起こされる射精障害というケースもあるようです。

中折れや性行為で射精できない場合、ほとんどが心因性のことが原因です。成功させなければならない、達成しなければならないと、プレッシャーになっていないでしょうか?性行為は射精することが目的ではありませんから、お互いを労わるようにリラックスして行ってください。射精できなくても、彼女を満足させることはできると思います。(看護師)
なぜ「セックスができない=パートナーの相手の女性が幸せでない」と思われるのでしょうか?セックスできるから愛している、セックスができないから愛していないというわけではないと思います。(看護師)
性行為のときは射精できなくても、マスターベーションのときはどうでしょうか?マスターベーションで射精できる場合は射精障害といわれ、強い刺激のマスターベーションを行うことが原因とされています。その場合は、マスターベーションの回数を減らしたり、強い刺激で射精する行為は避けてください。(看護師)

生活習慣やストレスとも密接な関連が

25歳を過ぎた頃から性欲が落ちたというよりは、運動や睡眠、食事や喫煙などの生活習慣が変化したことやストレスがかかるようになったことが、性欲に影響を及ぼしていると考えられます。

おそらく、10代の頃と比べての生活習慣が性欲減退の要因だと思います。たとえば、運動や睡眠、ストレス、食生活、心理的なものがそうです。(看護師)
喫煙習慣があれば、血管を細くしてしまうわけですから、局部の血液の流れは悪くなります。また肥満や血液中のコレステロールや中性脂肪が多くても循環を悪くさせます。良質な睡眠がとれなければ、そのことでも持続力は減退します。(看護師)
なるべく規則的な生活で、バランスのとれた食事を心がけ、ストレスや疲れを残さないようにしてください。精力を増強させるにんにくや山芋、亜鉛を含む魚介類を多めに摂るとよいでしょう。また、少し汗をかくくらいの運動も行うようにしてください。サプリや薬を使用する場合は、薬剤師と相談したり、できれば医師の指示で服用してください。(看護師)

以前と比べて性欲が落ち、射精障害が出ている原因としては、心因性のもの、マスターベーションの刺激によるもの、生活習慣やストレスによるものが考えられます。薬に頼る前にこれらの要因を取り除くよう心がけてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加