健康

2016/01/26

健診で異常値が…肉とラーメン、どのくらいなら食べてよい?

健診で異常値が…肉とラーメン、どのくらいなら食べてよい?

代謝機能が落ちてくる40代は、カロリーの多い食生活が健診の数値に表れやすくなります。コレステロールや中性脂肪値が高いという検査結果でも、ラーメンや肉を食べ続けたいという相談者の男性ですが、どのくらいの量なら食べてもよいのでしょうか。

40代男性からの相談:「異常値が出ているが、好物のラーメンと肉は止めたくない」

市の健康診断で体脂肪値、中性脂肪値、コレステロール値、血液のいずれもが異常値と診断されました。私の体型は見た目ではわかりにくいですが、お腹周りに脂肪が付いてビール腹のような状態です。肉類とラーメンをよく食べており、大好物なので止めるのがつらいのですが、どのくらいなら食べてよいでしょうか?また脂肪を燃焼させるために効果的な食べ物は何でしょうか?(40代・男性)

早急に食生活の改善を

今回の検査結果は、偏った食事が影響したと考えてもよいでしょう。生活習慣病にならないためには、できるだけ早い食生活の改善が求められます。

コレステロール、中性脂肪、体脂肪値には食生活や生活習慣が大きく影響しています。飲酒が好きで動物性脂肪を多く含むものを頻回に摂っていれば、必然的に検査値に異常が出るでしょう。ラーメンや肉類をすべて絶つ必要はありませんが、極力控えるようにしてください。(看護師)
数値がわかりませんが、このままの食生活を続ければ生活習慣病になるのは時間の問題です。生活習慣病から重大疾病になり、最悪、命に関わる問題です。肉類とラーメンの多い食生活は好ましくないですし、食べ物で脂肪は燃えません。(看護師)

改善できるポイント

ラーメンを食べ続けても、代謝を促す食品もバランスよく摂り、1日の食事内容で調節するように心がけてください。軽い有酸素運動もおすすめします。

1日の栄養のバランスを考えて、昼にラーメンを食べたら朝や夜の食事はカロリー控えめにし、野菜を多めに摂るようにしてください。好きなものをこの先も食べ続けたいのであれば、筋トレと有酸素運動をしましょう。筋トレをして基礎代謝を上げ、20~30分の有酸素運動をウォーキングなどで週に3日はしてください。(看護師)
脂肪を燃焼させる食べ物は、代謝をよくする唐辛子、生姜、ヨウ素や、カルシウムを含む海藻類、魚類、果物ではメロンやグレープフルーツなどがありますので、どれかに偏らず、バランスのとれた食事を心がけてください。また高血圧で薬を服用中の場合、グレープフルーツは食べられない場合があります。(看護師)
脂質の多い食べものは昼にとり、ラーメンは汁を残すつもりで食べて、今より頻度を落とすようにしましょう。年齢からも基礎代謝が落ちますので食生活、運動習慣をつけてご自身の体重を身長(メートル)で2回割った値が22に近い状態を維持しましょう。(看護師)
食事の見直しと併用して、軽いジョギングや体操など有酸素運動を行うとより効果的です。運動する時間がなければ、一駅前から歩いたり、なるべく階段を使ったり、歩く速度を速めたりとできる範囲で工夫してください。(看護師)

代謝を促す食品はあっても、脂肪を燃やすものではありません。このまま生活習慣病を患わないためには、バランスの取れた食事や、生活習慣の改善が必要といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加