メンタル

2016/01/13

精神衰弱治療後の異常な欲望・・・服用中の薬のせいか?

精神衰弱治療後の異常な欲望・・・服用中の薬のせいか?

治療中に飲んでいた薬のせいで副作用が・・・といった経験はありますか?精神衰弱を患って療養した後、異常なまでの欲望が湧いてくるのは現在も服用中の薬のせいではないかという今回の相談。原因は一体、何なのでしょうか。

20代男性からの相談:「薬の副作用か、欲望が止まらない」

精神衰弱で診断書を出してもらい、現在休職中です。休んだおかげで、これまで悩まされてきた不眠や食欲の低下、物事に対する意欲などが以前のように戻ってきました。そこまではよいのですが、家にいて自分がしたいように毎日を送っていたせいか、物欲や食欲その他の欲が出てきてしまい、それがちょっと異常なほどあります。現在は精神安定剤などの薬も服用していますが、異常な欲望は薬のせいでしょうか? (20代・男性)

精神的な疾患がある可能性も

療養して精神衰弱は落ち着いたものの、他の精神疾患が隠れているという可能性も考えられるようです。

神経衰弱は精神的な疲労によって体力が消耗し、身体が衰弱していく疾患です。症状としては不眠、イライラ感、頭痛やめまい、消化不良などがあります。一般的に個人差はありますが、しばらく休養することで改善されます。これまで何に対しても意欲がなかったのが、症状が落ち着いたこどで開放感を感じ、貪欲になったのかもしれません。(看護師)
精神衰弱以外に精神的な疾患がある場合も可能性として考えられます。精神的疾患は2つ以上ある場合もあり、片方の症状が強いときには他の症状がわかりにくくなっている場合もあります。たとえば、うつ病と診断されたのに、経過をみていると躁うつ病であったといったことは珍しくありません。 (医師)

薬が原因の可能性も

一方で薬が原因になっている場合もあるため、早めにかかりつけの医師に現在の症状を相談しましょう。

薬の名前がわからないので何ともいえませんが、抗不安剤や抗うつ剤などの精神薬には、興奮状態になったり、攻撃性が現れるなどの副作用のあるものがあります。自分でコントロールできるうちはよいのですが、気がついたら高額なものを衝動買いしたり、次々と買い物をして借金が増えたという場合もあります。小さなことと考えず、早めに主治医に相談してください。(看護師)
薬の効果による可能性も考えられます。薬の名前がないため推測になりますが、意欲を出す薬が入っているのかもしれません。またそのような薬がなくても、精神衰弱で意欲を抑えられた状態であったものが薬の服用で改善され、反動で意欲が過剰になっている可能性もあります。いずれにしても薬の服用は自己判断でやめたりせず、早めに処方していただいている医師を受診し、相談してください。(医師)

異常なまでの欲の原因は、薬の副作用によるもの、もしくは精神衰弱以外の精神疾患が隠れている可能性の2つが考えられるようです。今後の薬の服用については、必ず担当の医師に相談をして決めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加