健康

2016/01/12

タバコやお酒が原因? 21歳で白髪が目立つほど生える謎

タバコやお酒が原因? 21歳で白髪が目立つほど生える謎

白髪の発生にタバコやアルコールは関係してくるのでしょうか? 中学の頃から白髪があったという相談者の男性は、飲酒と喫煙を始めた20歳以降から白髪が増え始めたと悩んでいます。白髪の増加はタバコやアルコールのせいなのか、また他にも原因はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「白髪の増加はストレス?タバコ・お酒のせい?」

21歳大学生です。まだ若いのに最近、白髪が増えてきています。中学生の頃から少し生えていましたが、そこまで目立たなかったので気にしていませんでした。20歳からタバコとお酒を始めたのですが、それが原因なのでしょうか。タバコは1日1箱程度でお酒はビール5杯くらい飲みます。他にはストレスをため込みやすい体質なので、よくいわれるストレスで白髪が増えたのではないかとも思います。両親は目立つほどの白髪はありません。どうすれば白髪を減らせますか?(20代・男性)

白髪の発生と喫煙の関係

加齢によって起こるものと考えられがちな白髪ですが、ストレスはもちろん、タバコは頭皮に負担がかかるため、なるべく控えることをおすすめします。

髪の毛のメラニン色素から成っており、黒色にするユーメラニンと黄色にするフェオメラニンの二種類があります。白髪は毛母細胞にあるメラノサイトという色素細胞の減少によって起こり、原因は遺伝や加齢によるもの、ストレスや生活習慣、睡眠不足や栄養不良で頭皮の栄養状態が悪くなって起こります。喫煙は血管を収縮させ、全身の血行を悪くしますから、控えるか禁煙した方がよいでしょう。どうしてもタバコの喫煙量を減らせない場合は禁煙外来でニコチンパッドやガムを処方してもらうのも良いです。ただし、自分だけが気を付けていても受動喫煙ももちろん原因のとなりますので、タバコを吸う友達と出かける際は気を付けてください。また、メラニンはアミノ酸の一種であるチロシンのチロシナーゼにより生成されるため、スポーツドリンクやサプリメントなどでチロシンの摂取を心がけると白髪の予防になります。(看護師)

生活習慣の注意点

改善を目指すのであれば食事は脂質の多いものを避けてください。また、運動不足、睡眠不足はストレス蓄積の原因となります。これらを解消してストレスを溜めないようにすることが大事です。

大学生であれば、友達と外食する機会も多いと思います。脂っこいジャンクフードやスナック菓子など、脂肪分、糖分、塩分を多く含み血液をドロドロにし、皮脂が増えて頭皮が不潔になりやすく、毛根をつまらせる原因になりますので、できるだけ控えてください。外食でも野菜や果物、海藻類を摂るように心がけてください。(看護師)
運動や睡眠はしっかりと取られていますか? 運動不足や睡眠不足の疲労の蓄積も原因かもしれません。運動で身体を動かしたり、睡眠をしっかりとったり、趣味で気分転換とったりしてストレスも解消してください。(看護師)

白髪が増える原因にはストレスや食生活だけでなく、喫煙の影響も考えられます。バランスの取れた食事と規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないようにすることが大切です。タバコは控えた方がよく、可能であれば禁煙することを推奨します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加