健康

2016/01/06

最近、人の名前が思い出せない…これは認知症の始まりか?

最近、人の名前が思い出せない…これは認知症の始まりか?

歳をとるにつれ物忘れが増えるということは、多かれ少なかれ誰にでも起こってきます。人の名前がすぐに出てこないということも少なくないようですが、このような物忘れは単なる加齢のせいなのか、それとも認知症の始まりなのでしょうか。

50代男性からの相談:「人の名前がすぐに出ないことも…認知症の兆候か?」

55歳を過ぎた頃から、ファンだった俳優や女優の名前を忘れてしまうことがあり、思い出そうとすればするほど名前が出ず、1週間も考え続けてやっと思い出すこともあります。町内の知り合いに会っても、名前が出てこなくて冷や汗をかいたこともあります。名前を思い出したら、続けて何回も思い出して頭に入れるようにすると大丈夫ですが、これが認知症の始まりでは?と心配です。これから、どのようなことに注意すればよいでしょうか。(50代・男性)

加齢の物忘れから認知症への移行はない

加齢による物忘れと認知症の物忘れは、種類が違うものだと医師や看護師さんは説明しています。行動の内容ではなく、その行動を起こしたかどうかを忘れてしまうのが認知症の特徴です。

中年期になると、おっしゃるように芸能人の名前が思い出せなかったり、知っている人なのに誰だっけ?と思うことや、物の名前も思い出せず「あれだよ、あれ」と表現することも増えますが、これらは誰にでも起こることで、これだけで認知症とは判断できません。(看護師)
日付がわからない、食事をしたのに食べてないという、買ったことを忘れて同じ物をいくつも買う、いつも通る道なのに初めて来た感覚で迷子になる、同じ話を繰り返すなどがあれば、注意が必要です。(看護師)
加齢による物忘れと認知症は初期の場合、区別が難しいのですが、加齢による物忘れが進んで認知症になることはなく、認知症の場合は最初から認知症なのです。加齢の物忘れと認知症の区別は、たとえば「朝食で何を食べたか覚えていない」のは加齢によるもので「朝食を食べたことを覚えていない」のは認知症です。そのため名前は思い出せないが、その女優をテレビで見たことは覚えているのでしたら認知症の心配はないと思われます。(医師)

思い出す努力をすることが大切

日常的に軽い運動を行い、簡単な計算などで脳トレをするとよいでしょう。また、忘れてしまった人の名前などは、できるだけ思い出す努力をすることで、加齢による物忘れの進行を防ぐことができます。

簡単な計算やクロスワードパズルを解くなど、脳の訓練を行いましょう。また、ウォーキングなどの軽い体操をしながら、頭の中で計算や九九をいうとより効果的です。忘れてはいけないことはきちんとメモし、何度も繰り返し確認してください。自分でもおかしいと思ったり家族から変だよと指摘があれば、早めに病院を受診しましょう。(看護師)
1週間かかってでも名前を思い出すその努力は、加齢による物忘れの進行を予防できるので、あきらめずに思い出すようにしましょう。もし周りから病院の受診をすすめられたら、自分では気づかない認知症の症状が出ている可能性もあるので、神経内科を受診してみてください。(医師)

認知症と加齢による物忘れには違いがあるようです。名前が思い出せなくても、その人自体をわかっているのでしたら問題ないようですが、日頃から脳トレをする習慣をつけるようにすると、加齢による物忘れの防止になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加