体臭

2014/09/28

足の臭いの原因は角質?普段のケアで対策を!

足の臭いの原因は角質?普段のケアで対策を!

朝からずっと履いていた靴を脱いだ瞬間、モワァーっと立ち昇ってくる足のニオイ。周囲にまで匂っているのではないかと、本人にとっては気が気で仕方のないものです。「父親もそうだったから・・・」、足のニオイにも遺伝ってあるのでしょうか?根本的な解決方法は?今回は、足のニオイが強烈な男性からのご相談です。

50代男性からのご相談:「足のニオイが強烈・・・治療すれば治るって本当?」

消臭効果のインソールを利用したりして、ニオイを抑えようとしていますが、あまり効果がなさそうです。何か根本的な解決方法はあるのでしょうか?

足のニオイについて悩んでいます。私は体臭はまったくなく、現在50代ですが加齢臭とも無縁です。なのに、どういうわけか足のニオイが強烈なのです。父がそうでしたから、遺伝なのかもしれません。靴に消臭効果があるとされるインソールを敷いていますが、まったく効果が感じられません。特効薬はないのかもしれませんが、以前、友人から「治療によって治る」と聞いたことがあります。それは本当でしょうか? 本当だとすれば、何科を受診すれば良いのでしょうか?

足のニオイは遺伝ではなく、古い角質が汗で反応し、細菌が繁殖することが原因。

どうやら、足のニオイは遺伝しないようです。汗自体にもニオイはありませんが、汗に反応した古い角質に細菌が繁殖することで、嫌なニオイが発生してしまいます。

足の汗のニオイは基本的に無臭ですが、靴など高温多湿な状況は細菌が繁殖しやすく、ニオイを発生させてしまいます。ニオイと遺伝の関係ですが、体臭やワキのニオイは遺伝すると言われていますが、足のニオイは遺伝しないそうです。ただ、お父様のニオイが気になっておられたので、意識することが結果として交感神経を活発にさせ、汗をかきやすい状態になり、ニオイを発生させる原因になっているかもしれません。他に考えられる原因として、水虫、足蹠(そくせき)多汗症(足の裏に過剰な汗をかく疾患)も考えられます。(看護師)
足には汗をかく汗腺が多く存在します。汗の成分はほぼ水分ですので、汗自体が匂うことはありません。ニオイの原因は、汗と古い角質が反応し合い、細菌が増殖することにあります。特に、靴を長時間履くような生活をされている場合は、汗によって靴の中が蒸れ、細菌が増えやすい最適な環境になるため、足のニオイが強くなる傾向にあります。足のニオイを軽減させる方法は、この菌の繁殖を抑えることと、古い角質を取り除くことにあります。(看護師)
足の洗い過ぎがニオイの誘因になる可能性や、交感神経が優位になることで汗をかきやすくなり、ニオイを誘発している可能性もあります。(看護師)

自分でできる足のニオイ対策。フットケアと靴のお手入れ。

嫌なニオイの原因がわかりましたので、ニオイの元となる角質除去のためのフットケアや、靴のお手入れなどにも気を配りましょう。

足のニオイの対策としては、
・靴下は5本指ソックスが防臭に効果的だったという結果が出ています。
・靴を何足か持っておられる場合は、1~2日で交換して靴の清潔を保ちます。
・インソールは足と密着している部分なので、定期的な洗浄が必要です。
・適宜、抗菌・防臭スプレーを予防的に使用します。
・家に帰ってからは、手洗い、うがいのように、細菌の増殖を防ぐ為、足も一緒に洗います。
・足を石鹸で洗う前に、足をお湯にゆっくり浸けることで、水分を含み汚れが落ちやすくなります。
・清浄、殺菌、保湿を目的としている足用の石鹸もありますので、足の指の間などを細かく洗って下さい。(看護師)
足を洗う際には、保湿成分の多いボディーソープではなく、固形石鹸などの使用をお勧めします。保湿成分が足に残ってしまうと、汗が発散されにくくなり蒸れの原因になります。また、古い角質を落とすためにも足をしばらくお湯につけ、角質を浮かしてから洗うと効果的です。必要以上にゴシゴシ擦り過ぎると、肌を傷つけ、角質を増やす原因となるので、やさしく手でマッサージするように洗って下さい。(看護師)
足の蒸れを防ぐためにも、普段は素足にサンダル、スリッパなどで過ごしましょう。また、靴下を履く場合は5本指ソックスがお勧めです。指の間に布地を挟むため、肌同士の蒸れを防ぐ効果があります。(看護師)
次に靴のメンテナンスですが、日中履いていた靴の中は湿気が多く、細菌の繁殖には最適な場所です。1日履いた靴は2日程度のメンテナンス期間を要します。消臭、抗菌スプレーを使用し、シューズドライなど市販の乾燥剤を入れて置いておきます。つまり、日用する靴は3足ほど用意する必要があります。また、靴をしまう下駄箱があるのでしたら、その中の清掃も欠かせません。消臭・乾燥剤を入れて下駄箱内に細菌が繁殖しないような環境を作りましょう。(看護師)
ご自宅でできることとして、洗面器やバケツにお湯を張り、足浴をされてみてはいかがでしょうか。リラックス効果が得られるため、多汗の改善を期待できますし、血流や代謝が活発になることで、皮膚の新陳代謝も良くなり、ゴシゴシ洗いをせずに爽快感が得られるのではないでしょうか。(看護師)

気になる場合は、皮膚科を受診。

フットケアや、靴のお手入れをしても改善しない場合は、皮膚科の受診がお勧めです。

足のニオイについては、皮膚科を受診して下さい。診断結果によっては、外用薬や内服薬を使用しての治療になると思います。ニオイはとれるまでに大変な時間を要します。時間が出来た際に皮膚科の受診をお勧めします。(看護師)
皮膚科もしくは美容皮膚科で相談できると思います。まずは、保険診療のできる皮膚科を受診されてみてはいかがでしょうか。(看護師)
治療に行かれるのであれば、皮膚科になるかと思います。治療は、外用薬や内服になるかと思います。(看護師)

汗には、体温を調節するためにかく発熱性発汗と、緊張やストレスなどによってかく精神性発汗の2種類があり、足にかく汗の多くは精神性発汗と考えられています。この精神性発汗は、自律神経の乱れによって起きるようですので、フットケア、靴のお手入れと同時に、ストレスを溜めないなど、精神的なケアを行うことでも効果が期待できるかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加