薄毛

2014/09/28

育毛剤による湿疹はアレルギーが原因?湿疹が出る場合の薄毛対策とは

育毛剤による湿疹はアレルギーが原因?湿疹が出る場合の薄毛対策とは

もし、育毛剤が頭皮に合わず湿疹が出てきてしまったら、どうすべきでしょうか?薄毛が気になった場合、最初は育毛シャンプーや育毛剤の使用を行なう方も多いですが、育毛剤によっては肌に合わないと湿疹やカユミを引き起こしてしまいます。今回は、育毛剤を使うと湿疹やカユミが出てしまうという男性からのご相談です。

40代男性からのご相談:「育毛剤を使うと湿疹が・・・育毛剤以外の対処法は?」

育毛剤が使えない場合は、他にどんな対処法が考えられるでしょうか。

最近、抜け毛が気になり育毛剤を購入しました。何度か使用したのですが、もともと肌が弱いためか頭皮に赤みとカユミが出てしまい、続けて使用することができません。少し日を空けると湿疹は治るので、再び育毛剤を使用すると湿疹が出るという繰り返しになります。このように日を開けて使用しても育毛剤は効果があるのでしょうか?もしくは湿疹が出るようなら使用は中止すべきでしょうか?また、育毛剤以外の抜け毛の対処法があれば教えて下さい。

頭皮の湿疹はアレルギーの疑いが。育毛剤の使用は控えましょう。

湿疹の症状はアレルギーの疑いがありますので、育毛剤の使用は控えた方が良さそうです。

湿疹が出るということは、育毛剤の成分にアレルギーがあると考えられます。その育毛剤の使用はすぐに中止すべきだと思います。(看護師)
ご相談内容を拝見する限り、アレルギーだと思われます。発赤、痒みがあると、無意識に掻いてしまい、却って頭皮を傷つけてしまいますので、育毛剤の使用は中止して下さい。(看護師)
赤みと痒みが出ていらっしゃるということは、炎症反応が起きていると考えられますので、使用は中止することを強くお勧めします。いくら髪に良い成分が入っていても、その土壌となる頭皮に害があるのでは元も子もありません。育毛剤に含まれる、何の成分が反応しているかはわかりませんが、市販のお薬の内容は大体似通っていると思いますので、他の製品を試してみてはとも言いにくいです。(看護師)

食事や睡眠など生活習慣の改善と頭皮のケア。自分で手軽にできることからやってみよう。

健康な頭皮を維持するためには、食生活や睡眠、ストレスを溜め込まないといった生活習慣の改善や、シャンプーや頭皮のマッサージなど、自分で手軽にできることからやってみるのも一つの方法です。

脱毛の原因は生活習慣(食生活、ストレス、睡眠不足、喫煙など)や、日頃行っている頭皮のケアも関係しています。食事については、バランスの良い食事を摂るように心がけることが大切です。脂肪分の多いものを控え、亜鉛を多く含む食品(牡蠣やレバー、牛肉、チーズ、卵など)と一緒にビタミンCも摂取すると吸収率がアップするようです。(看護師)
頭皮ケアについて、シャンプーはアミノ酸系で地肌に優しいシャンプーを選ぶと良いと思います。まずは入浴を10分位して、頭皮の毛穴を開かせ、頭皮を傷つけないように優しく洗い、泡は残さず洗い落とすことが大切です。また、髪の毛は必ず乾かしてから就寝するようにして下さい。また、地肌のマッサージを行い血流を促進させるのも効果的です。生活習慣の改善や、頭皮ケアをまだ行っていないようでしたら、まずは身近にできることから行うことをお勧めいたします。(看護師)
育毛剤以外の方法については、良く言われていることですが、頭皮のマッサージ(爪を立てたり、ごしごしこするのではなく、頭皮を指の腹でもむように)をすること、油ものを控えて、バランス良く栄養(良質のたんぱく質や、ビタミンB群が含まれる大豆製品や青魚など)を摂ること、タバコやストレスは血行不良の原因となるので気を付けること、適度な睡眠時間(7~8時間)を取ることなどです。(看護師)

気になるようであれば、専門医を受診しよう。

育毛剤によるアレルギーの場合は、皮膚科のお医者さんに相談するとよさそうです。皮膚の状態を考慮して、抜け毛・薄毛の治療を行なってくれるでしょう。

育毛に関しては、皮膚科などのお医者さんが治療してくださいます。使われていた育毛剤を持って受診されると良いと思います。そのアレルギーに考慮して対応してくださると思います。(看護師)
もし、今も症状が持続しているようでしたら、皮膚科受診をした方が良いです。(看護師)
AGA(男性型脱毛症)であれば、専門外来にご相談になってはいかがでしょうか。飲み薬もあります。(看護師)

抜け毛対策には、育毛剤のみならず、生活習慣の改善や、頭皮のケアといった、自分で手軽にできることからやってみて、その効果を確かめてみようとのことでした。育毛剤の使用で湿疹が出る場合は、直ぐに別のものに変えるか、その他の食生活を改善するとよいでしょう。症状が進行しそうな場合は、薄毛の専門外来などもあるため、医師に相談してみるとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加