健康

2015/12/28

人間ドックで「白斑」と診断された…病院に行くべき?

人間ドックで「白斑」と診断された…病院に行くべき?

一日の終わりに目の疲れを感じる人は少なくありません。今回の相談者もそんな一人。疲れ目だけにとどまらず、かすみや痛みをはじめ、さまざまなトラブルに見舞われるといいます。人間ドックでは白斑と診断されました。目のトラブルにはどのように対処するのがよいのでしょうか。

50代男性からの相談:「一日の終わりに発生する目のかすみや眼底部分の痛みについて」

パソコンの仕事をしているせいか、疲れてくると目に様々な症状が表れます。目の疲れや目のかすみ、視力の衰えも気になります。ひどいときは視野の下部が赤くなったり、目の前に火柱が見えたこともありましたが、特別に病院で診てもらう必要はありますか。人間ドッグのときには、眼圧測定の結果、「白斑」と診断されましたが、治療の必要はありますか。目のことだけに、とても心配です。(50代・男性)

白斑の原因は毛細血管の異常。早めに眼科で検査を

白斑は毛細血管の異常が原因で起こります。目にかなりの負担がかかっている可能性があるため、早めに眼科を受診した方がよいとの意見が寄せられました。

眼精疲労やドライアイが原因で、目がかすんだり、ピントが合わなかったり、白いフィルターがかかったように見えたり、虫が飛んでいるように見える飛蚊症などが起こる場合がありますが、白内障や緑内障、角膜に傷がついていたりなど、目の疾患の前兆の場合もあります。(看護師)
人間ドックで白斑と診断された後、眼科や内科を受診するようにいわれなかったでしょうか。眼精疲労としても、症状が進んでいるようですから、早めに眼科で再検査した方がよいでしょう。(看護師)
白斑は目の毛細血管の異常が原因でなる場合があります。また、パソコン作業などで目に負担がかかっていることが考えられます。(看護師)

高血圧や糖尿病が原因となることも。場合によっては内科の受診も

高血圧や糖尿病など内科的疾患が原因で、白斑が起きることも少なくありません。場合によっては内科も受診しましょう。

白斑は部位や大きさにもよりますが、ほとんどが無症状で経過します。原因は、高血圧や動脈硬化、糖尿病、腎障害など、内科的疾患から起こるものが多く、治療は目薬と内科的疾患の治療が優先されます。(看護師)
眼精疲労でも自覚されている症状が起きないともいえませんが、白斑があるということは目の血管にかなりの負担がかかっているのではないかと思います。一度、病院を受診してみてはいかがでしょうか。(看護師)
可能性の話を挙げればきりがないのですが、場合によってはこのまま放置すれば、失明などのリスクもあるかもしれません。年齢も50代ということであれば、なんらかの病気があってもおかしくない年齢ですので、病院の受診をおすすめします。(看護師)

白斑は毛細血管の異常から起こります。眼精疲労だけでなく、高血圧や糖尿病といった内科的疾患が原因となることも多いようです。できるだけ早めに眼科を受診し、場合によっては内科でも検査をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加