メンタル

2016/01/05

パニック障害を持つ同僚に、自分はどう接すればよい?

パニック障害を持つ同僚に、自分はどう接すればよい?

突然、激しい動悸や不安感に襲われるパニック障害。普段は特に変わったところはないため、周りの人は一見すると病気に気づかないこともあります。周囲にパニック障害の人がいる場合、どのようなことに注意して接していけばよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「仕事仲間がパニック障害。発作が起きたらどうする?」

先日、職場の女性の同僚と一緒にお客様のお宅で業務をしていると、突然、彼女がパニックを起こしてしまいました。彼女は職場に病気のことを隠していたので、私はどうしてよいのかわからず、できるだけ落ち着くように声を掛けたりその場にとどまるように努力していました。発作が治まっても茫然自失のような状態で、何もできなくなってしまいました。パニック障害の人に対し、周囲はどう対応すればよいのでしょうか。 (30代・男性)

パニック障害は誰でもなる可能性がある病気

パニック障害は病気であり、ある日突然、誰でもなる可能性があります。周囲の人が対処法を知っておくことで、発作を起こしても慌てずにすみます。

パニック障害を隠していたのはよくないですが、仕事を続ける上で仕方がなかったのでしょう。治療には周りの理解も必要なため、偏見の目で見ないようにして優しい声掛けや、何かあれば僕がいるからと安心感を与えてください。また、彼女が通院していなければ、心療内科などのカウンセリングをすすめてください。(看護師)
まず、パニック発作は誰でもなりうる病気であり、本人は何も悪くないということを知っておきましょう。本人は落ち着いているときは発作では命の心配はないことや、時間が経てば発作が過ぎ去ることを知っていますが、発作中は不安も増して、死んでしまうのではないかという感情も増加します。そのため周りの人は、発作が出たときと出ないときの接し方を知っておくとよいでしょう。(医師)

実際に発作を起こしたら?

周りで発作を起こした人がいれば、慌てず冷静になることが大切です。ほとんどは30分以内に治まるため、その間、側に付いて優しい声かけで安心させてあげましょう。また発作がないときは、過剰に心配しすぎず普通に接してください。

発作が起きたら、別の場所に連れて行き気分転換させてください。周りが慌てたり大声を出したりすると、余計に不安になり発作を増強させますので、大丈夫だよと静かな口調で落ち着かせてください。本人は原因がわからず急に不安になるため、仕事前に起こりうることを予想して、あらかじめデモンストレーションしたり対策法を話し合ってください。(看護師)
発作が起きたら手を握ったり背中をさするなどして、人が側にいることを感じてもらいましょう。発作は30分以内に収まりますので、その間、側にいるだけで大丈夫です。呼吸が頻回になっているときは過換気を起こしている可能性がありますので、ゆっくり深呼吸するように促します。(医師)
発作がないときは、過保護になる必要はありません。パニック発作にかかりやすい人は人の目線を気にしやすいため、過剰に周りが反応するとかえって発作が起きやすくなることもあります。「発作が起きそうだったり、困ったことがあればいってね」と伝える程度にして、それ以外のときは普通に接しましょう。(医師)

一番の対処法は決して慌てず、声かけをしながら側にいてあげることです。パニックが起こったときの接し方を知っているだけでも、相手の安心感につながるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加