食べる度に嘔吐し体重減少…胃カメラは問題ないが原因は?

  • 作成日:2015.12.27
  • 更新日:2015.12.24
健康

胃腸の調子が悪いと食事を受け付けなかったり、食べても吐いてしまうこともあります。まずは胃腸科で診てもらうのが一般的ですが、吐き気が起こるのは、胃腸とはまったく関係がない他のことが原因である可能性も考えられるようです。

50代男性からの相談:「胃の不調で体重が減少。胃カメラでは異常ないが原因は?」

朝起きて食欲がなく、それでも食べないと仕事がつらいので少しだけ食べますが、食後に歯磨きをしていると急に吐き気をもよおして、すべて吐いてしまいます。最近では朝だけでなく、昼食や夕食でも吐き気がします。そのせいで体重がこの半年で16kgも減り、胃カメラの検査を受けましたが異常はなく、ピロリ菌の可能性も低いとの診断でした。お酒は1日中ビン1本程度、煙草は1日10本ぐらいです。何が原因なのでしょうか。 (50代・男性)

ストレスが原因のことも

様々な原因が考えられますが、ストレスで吐き気をもよおすこともあるようです。また幾度も吐くうちに、吐くことが癖になってしまっている可能性もあると、看護師さんは説明しています。

吐き気の原因は様々ですが、胃腸に問題がなければストレスが原因の場合もあります。できるだけ規則的な生活で十分な睡眠をとり、運動や好きな趣味などで気分転換を図ってストレスをためないようにしてください。(看護師)
吐くことが習慣になっている可能性もあるため、1回の食事量を控えめにして消化のよい物をよく噛んで食べるようにしてください。歯磨きの際は歯ブラシを奥まで入れないこと、吐き気があるときはうがいだけにして、うがいも上向きではなく下向きの状態で行ってください。(看護師)

吐き気の原因は胃腸だけとは限らない

吐き気や体重減少は、胃腸だけが原因とは限らないようです。他にも、うつ病や糖尿病など様々な疾患が原因となっていることもありますので、一度、大きな病院で検査を受けた方がよいかもしれません。

意図して減らそうとしたわけでもなく、半年で16kgの体重減少があったのでしたら、何らかの病気が潜んでいる可能性は否定できません。年齢も50代ということですし、何か異常があっても不思議ではないでしょう。(看護師)
胃腸の検査以外で、脳や他の検査は受けなかったのでしょうか?吐き気の原因は命に関わる、くも膜下出血などの脳の疾患も考えられますし、それだけの体重減少もあるのでしたら、大きな病院で他の検査も受けた方がよいのではないでしょうか。(看護師)
食欲が低下していることから胃がんが候補に上がりますが、それは検査で異常がなかったのですね。うつ病でも食欲低下や体重減少を招きますし、他には糖尿病や副腎皮質機能低下症なども考えられますが、この文面では情報として不明な部分もあり推測の域でしかありません。胃腸科だけでは検査できる範囲も限られてくるため、場合によっては総合病院や大学病院への紹介状を書いてもらい、再度詳しく検査する必要があると思います。(看護師)

胃カメラは問題なかったとのことですが、その他の疾患が原因となっていることもあるようです。体重減少も大きいですし、一度、大きな病院で詳しく診てもらった方がよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。