やはり朝の光を浴びるべき!?朝心地よく起きる方法とは

  • 作成日:2014.07.25
  • 更新日:2015.03.16
健康

朝は得意という人よりも、朝は苦手という人の方が多いのではないでしょうか。朝起きるのがつらいから早く寝る、といった対応を取られる人もいますが、それだけで心地良い目覚めを得ることができる程、睡眠の仕組みは単純ではないようです。今回は、朝起きるのがつらいという男性からのご相談です。

30代男性からのご相談:「安眠と、心地良い目覚めのために行っていることは?」

心地良い目覚めを得るために、看護師の皆さんが心がけていることをお伺いしています。

最近朝起きるのがつらいです。看護師さんは夜勤も多いと聞きますので、睡眠も不規則になりがちなのかと思いますが、安眠と、心地良い目覚めのために行っていることなどありますか?

アロマや、自分に合った枕を使用して、良質な睡眠を心がける。

アロマや枕などで、良質な睡眠をとることを心がけると良さそうです。また、就寝前のちょっとした注意でも効果が有るかもしれません。

看護師の睡眠は、確かにとても不規則です。良質な睡眠がとれれば、目覚めも心地良くなると思い、なるべく良質な睡眠をとることができるよう心がけています。看護師の中には、アロマに凝っている人、オーダーメイドの枕を作っている人など様々です。(看護師)

1日の疲れを取るため、シャワーではなくアロマなどで入浴してリラックスします。夜勤のない日は早めに寝るのと、寝る前には、携帯やパソコンなど、寝つきが悪くなるものは避けています。朝はカーテンを開け、朝陽を浴びるとすっきりします。(看護師)

心地よく起きるには、まず朝起きたら光を浴びましょう

光を浴びることで、自律神経がうまく切り替わったり、眠気を誘うホルモンの分泌が止まります。

自律神経という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、寝ている時は副交感神経が優位になっていて、起きている時は交感神経が優位になっています。これをうまく切り替させる環境を作ることで、安眠と、目覚めを良くすることが期待できます。(看護師)

自律神経の切り替えの鍵は「光」です。就寝時は、アイマスクや遮光カーテンを使って暗くし、副交感神経優位の状態を作ります。反対に、目覚める時は部屋全体の照明を明るくし、カーテンを一気に開けて、窓際やベランダ、屋外で、朝の太陽光線を浴びると効果的です。(看護師)

私が実践しているのは、眼が覚めたら必ず体を起こし、そのままベッドから出てカーテンを開けることです。朝、光を浴びると、メラトニンという眠気を誘うホルモン(夜中に多く分泌されています)の分泌が止まります。これによって眠気が収まるという理屈です。実際は、眠いものは眠いですが、この習慣を始めてから、ちょっとは朝がすっきりしたかなと感じています。(看護師)

心地良い目覚めを得るために、いろいろ工夫され、心がけて、実践していらっしゃるようです。就寝前には、パソコンやスマホなど寝つきが悪くなるものは避け、リラックスを心がけることがポイントです。就寝時は、できるだけ暗くして、副交感神経優位の状態を作ると同時に、自分に合った枕などを使うことも有効なようです。

そして朝、目が覚めたら体を起こし、カーテンを開けてたっぷりと朝陽を浴び、交感神経優位の状態を作ることで、すっきりとした、心地良い目覚めを体感できるとのこと。朝起きるのがつらい方はぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。