体臭

2014/09/26

ワキガかも?と思った時のニオイの予防と治療法

ワキガかも?と思った時のニオイの予防と治療法

清潔志向の強い日本では本当はワキガ体質ではない人もワキガかもしれないと体臭について悩むことが多いといいます。今回の相談はワキの臭いついて悩む男性からです。ニオイ対策に制汗スプレーを使用していますが、効果はいまひとつのようです。腋の臭いを抑える効果的な対策は?ワキガであった場合治療で治すことは可能なのでしょうか?

30代 男性からの相談:「脇の臭いが気になっています」

ワキガの遺伝的体質もあるのでしょうか?母親からワキガを指摘されショックを受けた相談者の男性。自己流のニオイ対策はあまり効果が出ていません。

子供の頃は自分ではあまり気にしていませんでした。高校生の時に母親から「あなたはワキガなので気にするように」と言われショックを受けました。大人になって制汗スプレーなどを使ったりしましたがあまり効果がないように感じ長続きしません。余計に臭いが強調されてしまうように感じるのです。食習慣を変えることで臭いを抑えることはできるのでしょうか。また、ワキガは治療で治るものなのでしょうか。

制汗スプレーより塗るタイプのデオドラントを。汗はこまめに拭き取って

腋が清潔で汗をかいていないお風呂上がりから対策を。

制汗剤は、元のにおいを綺麗に取り除かないと、においが混じってしまいます。スプレーより塗るタイプの制汗剤がオススメです。風呂上がりのまだ汗をかいていない清潔な皮膚に夜一回塗るだけで消臭できます。普段は、お仕事をされていると思いますから、制汗用の汗拭きシートや除菌用のウエットティッシュでこまめに拭くことをおすすめします(看護師)

またニオイを抑える方法としてこんな方法も教えてくれました。

一時的な消臭には注射の消毒に使うアルコール綿が効果があります。その他、ミョウバン水も効くそうです。これは自宅でも作れますので、小分けにして時々スプレーするのもいいかと思います。(看護師)

和食中心の食生活でバランスよく

肉食中心の生活では体臭がきつくなります。老廃物を溜め込まない血液サラサラを意識した食生活を。

身体の老廃物は血液を流れています。血液の流れが滞ったり、老廃物が多い場合、汗ににじみ出て臭いの原因となります。食事は、油分の多いもの(肉など動物性脂肪)を摂りすぎず、和食中心のバランス良い食事がお勧めです。体を冷やさないことも大切ですね。冷たい飲み物、食べ物を控えめに、常温・温かいものを積極的に選んだ方がいいでしょう。血液サラサラの食材は「お茶」「魚」「海藻類」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」です(看護師)

便秘などで腸内のバランスが乱れていると体臭がきつくなることも。

また、腸内環境を整えることも大切です。腸内のバランスが崩れていると老廃物の排出がうまくいかず、血液内に戻ってしまいます。ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食材を摂りいれてみるのはどうでしょうか?参考になればと思います。(看護師)

ワキガの根治はアポクリン汗腺を除去する手術です

まずは本当にワキガか医師の診察を受けることが大切です。ワキガの場合は手術が必要となります。

ワキガの治療は手術療法でアポクリン汗腺を除去します。しかし手術対象になるかどうか、実際はワキガではないこともありますので皮膚科や専門クリニックで相談されるといいと思います(看護師)

今回はわきがのニオイ予防法として、「デオドラント用品の活用」「食生活の改善」「手術での治療」をご紹介しました。これらをすべて同時並行で実践できればよいのですが、忙しいビジネスマンなどの場合、食事の調整や手術は実際難しいのが現実でしょう。
そこで、やはり手軽に始められるのがデオドラント用品でのニオイ対策。ただし、ここにもポイントがあります。
ウェットティッシュや制汗スプレーは、ニオイの元となる汗を一時的に除去するものであるため、再び汗をかけばすぐに元の状態に。こまめなケアが難しいビジネスマンには使いづらいと言えます。選ぶのであれば、汗と混ざることでニオイを発生させる「雑菌」の繁殖そのものを抑制する有効成分が配合されたものがおすすめです。
また、中には使用して効果に満足できなければ返金してもらえる「返金保証制度」があるものもあります。デオドラント用品は体質やニオイの原因によっても効果が異なるため、まずはこういった返金保証つきのものから試してみるのもおすすめです。

>>オトコクラスが選ぶ「BEST男性用わきがケア商品」はこちら


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加