口臭

2014/09/27

口臭を指摘された!家庭でできるケア方法は?

口臭を指摘された!家庭でできるケア方法は?

お口のニオイは、対人関係において最も気になることの一つ。日本人の実に15%もの人が口臭に悩んでいるといわれており、中でも40代から50代においてピークに達するという統計が出ています 。今回は、最近奥様から口臭を指摘されたという男性からの質問ですが、口臭が気になる場合にはどのようなケアが有効なのでしょうか。

30代男性からの相談:「口臭は自分にはわからないものですか」

以前より、会社の人の反応からうすうす気になってはいたものの、最近奥様から口臭を指摘され、問題がはっきりしたという男性からの相談です。

最近妻から口臭を指摘されました。会社の仲間も少し距離を置いて話をすることになんとなく気づいてはいましたが、しっかりと確信できたので妻には感謝しています。しかし口臭を直そうと思うと歯磨きだけではたりないのでしょうか。雑誌やネットでも口臭対策の様々な商品がPRされていますが、どれも嘘のような過剰な表現がされていて何を信じたらいいのかわかりません。家庭でもできる口臭対策を教えてください。

まずはお口の中の健康と衛生が第一

口臭の主な原因として考えられるのは、歯垢や歯石などの口腔内の汚れと細菌です。正しい歯磨き、舌磨きが基本の解決策といえるでしょう。いろいろと便利なグッズやケア用剤も市販されています。それに加え、歯科医院でケアや指導を受けることも必要かもしれません。

口臭の原因には、虫歯、歯石、歯垢、舌苔(舌についた白い苔のようなもの)、唾液の分泌不足などがあります。心当たりがあれば、まず、歯医者での治療をお勧めします。舌苔は毎日の歯磨きで舌ブラシを使って除去することができます。あまりごしごし擦ると舌を痛めるので、やさしくブラッシングしてください。(看護師)
デンタルリンスを試してみるのもいいかもしれません。 我が家でも口臭家族会議が開かれた事があり、大人も子供も液体歯磨きを使うようになりました。洗口液ではなく、液体歯磨きです。家では効果抜群でした。歯科受診されるのも良いと思います。(看護師)
でかける時も歯ブラシを携帯して、いつでも歯磨きできる体制にしておくのも心強いかと思います。(看護師)

お口だけではなかった。日ごろの全身管理も重要なファクター。

質問者さんは、歯磨きや口臭対策商品ばかりに意識が行っているようですが、口臭の原因はお口だけの問題ではありません。全身の健康や、食事等の生活習慣も、深くかかわっているようです。

疲れやストレスも口臭の原因になります。また、胃腸が弱ると口臭が強くなりますから、疲れたら休みをとって気分転換して、ストレスをためないようにしてくださいね。(看護師)
あと、口臭予防の効果がある食べ物ですが、キャベツ、レタスなどの生野菜、りんご、なし、パイナップルが効果があるようです。りんごは天然の歯ブラシと言われているくらいです。ヨーグルトや乳製品にも胃腸を整え口臭予防があるそうです。最近では紅茶も効果があるとか(看護師)
食事をするときも臭いが気になって、考えてしまうでしょうが、臭いが気になるからといって食事を抜くのは逆効果です。空腹時には胃酸が分泌され消化活動の準備を始めますが、食事をしないと胃酸だけがのこり、胃腸も悪くなりますし、食事をしないことで、唾液の分泌が低下し、これも口臭の原因になりますので、食事はきちんと摂ってくださいね。適度な水分補給をして、口を乾燥させないようにしましょう。(看護師)

口臭は自分でも気づきにくく、嫌がられるにもかかわらず、他人は注意してくれないので厄介です。さまざまな口臭対策グッズに振り回されるのではなく、基本的なケアをしっかりしながら上手に利用するのが賢明でしょう。最近では、口臭外来やブレスサロン等と銘打っての、口臭専門の歯科診療も一般的になってきています。どうしても悩みが解決しない場合は、専門家の助けを求めるのも良いかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加