メンタル

2015/12/23

部長昇進の話が…重責ある仕事でうつ病再発の可能性は?

部長昇進の話が…重責ある仕事でうつ病再発の可能性は?

何かとストレスを抱えることが多い現代社会では、うつ病を患ってしまう人も増えているようです。仕事上のトラブルや人間関係が原因でうつになってしまう人もいますが、何とか克服して完治したとしても、仕事の内容によっては、また再発の可能性があるのでしょうか。

40代男性からの相談:「完治したうつ病。仕事で再発の可能性は?」

43歳の頃仕事でうつ病になり、幸い部署の異動など会社側の配慮もあり、3年かけてうつ病は治りました。今の部署で病気も完治したため次期部長を打診されていますが、それなりの重責があり、プレッシャーからうつ病が再発しないか心配です。私としては、自身のステップアップのため部長職を受けたいと考えていますが、うつ病が治ったばかりでプレッシャーのある業務は避けた方がよいのか、医学的観点からアドバイスをいただきたいです。(40代・男性)

仕事と私生活のメリハリを

実際に業務を遂行してみないとわかりませんが、新しいポジションでの仕事にやりがいを感じると、よい方向に向くかもしれません。仕事とプライベートの区別をきちんとつけ、休日は趣味などでリラックスして過ごすようにしましょう。

実際に行ってみないと再発するかはわかりませんが、やりたい気持ちがあるのならチャレンジしてもよいかと思います。仕事にやりがいを感じることで、生活にも張りが出るかもしれません。忙しくても仕事と私生活のメリハリをつけること。なるべく家に仕事を持ち込まず、休日は好きなことで気分転換をしてリラックスして過ごしてください。(看護師)
うつ病を再発させないためには、頑張りすぎないことです。何もかも1人で抱えず、仕事を分担したり周囲にも協力してもらいましょう。上司はうつ病のことを知っていますか?隠したまま仕事を続けると自分を追い詰めることにもなりますので、今後のことを考えると理解してもらう必要があると思います。つらいとか無理とかプレッシャーを感じるようでしたら、カウンセリングを受けたり上司に相談するなど早めに対応してください。(看護師)

うつ病になりやすいタイプとは?

責任感が強く几帳面など、うつ病になりやすい性格があるようです。もしも仕事でうつ病が再発した場合、前回よりも症状がひどくなる可能性もありますので、慎重に検討した方がよいというアドバイスをいただきました。

きちんと配慮のある会社のようですし、うつ病のことも知っていて部長職を打診されていますので、もし再発してもきちんと対処していただけると思います。しかし心配されているように、昇進は喜びでもありプレッシャーにもなります。うつ病はもともとなりやすい性格があるといわれ、その一部分は責任感が強く几帳面、人に頼まれると嫌といえない性格だと考えられています。(医師)
会社のことを考えて、責任感があるが故の悩みと感じられます。医学的にいえばうつ病になりやすいタイプですので、身体のことを思うと今回は見合わせた方がよいかもしれません。再発した場合、責任感の強い人は前以上のストレスを感じることになるため、部長職でなくても会社に貢献できる方法がないか考えてみるのもよいでしょう。(医師)

重責を伴う仕事は、やりがいを感じる反面、プレッシャーも大きくなります。ご自身の性格を踏まえたうえで今回のアドバイスを参考にし、よく検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加