健康

2015/12/21

痔になる前のように気兼ねなく排便したい!どうすれば?

痔になる前のように気兼ねなく排便したい!どうすれば?

便が固くなってしまうと肛門が切れて出血するため、排便に細心の注意が必要だという男性。以前のように思いきり排便できるよう、改善する方法はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「固い便で痔が切れることがあって困っています」

もともと痔持ちです。痔のタイプは、切れ痔とイボ痔の両方です。肛門のコンディションや便の具合によって痔の症状が影響を受けることが多く、管理に手を焼いています。困るのは、便が固くなってしまった場合です。よくあるのが、肛門近くまで来ている部分だけが、やけに固くなってしまうという状況です。この固くなった部分を出そうとすると、肛門が切れて出血してしまうことがあるのです。おかげで排便時には、細心の注意を払って肛門括約筋の動きを調節しなければならない羽目に陥っています。痔を患う前のように、何の気兼ねもなく思いきり排便してみたいものです。何かよい改善法はありませんでしょうか。(40代・男性)

まずは便をやわらかくする工夫が大切

便が固くなり便秘になってしまうことが、最も痔の悪化を引き起こしがち。水分を含んだやわらかい便を作るよう、食事に注意しましょう。排便前に肛門にオイルなどを塗ってすべりをよくするのも一つの方法です。

まずは、便秘にならないよう、便をやわらかくすることを心がけてください。できるだけ規則的な生活で、食物繊維を含む野菜や海藻類、果物や大豆製品など、バランスのとれた3食で、適度な運動を行ってください。(看護師)
痔は、便の固さと排便にかかる時間の影響を受けます。やはり便が固いと便が肛門をこするため刺激になりやすく、また排便に時間がかかったり、強く力まないといけないために、肛門部に圧がかかり血管がうっ血してイボ痔も悪化します。(医師)
まずは便の水分が重要です。大腸は便の水分を吸う器官ですので、便が長い間、大腸内にとどまると便はどんどん固くなります。便の中の水分を保ちやすい水溶性の食物繊維を意識して摂取してください。また、日本人は牛乳や乳製品を摂ると便がやわらかくなる人が多いです。(医師)
排便時に肛門が切れるようでしたら、排便の前にベビーオイルやワセリンなどを塗っておくと、便の通りがスムーズになります。症状があるときは、市販の軟膏や座薬を使ってみてください。 (看護師)

受診して治療を受けることも視野に

肛門の痛みによる緊張から自然に肛門がしまり、痔の悪化を引き起こす場合もあります。悪循環を断ち切るため、また原因に合わせた治療方法を模索するためにも、一度、受診するのも一つの方法かもしれません。

イボ痔は種類によっては手術でないと改善しないものもあります。また、痔に感染が伴っている可能性もあるため、まずは病院を受診して診察を受けましょう。(医師)
排便時に肛門に痛みがあると、自然に周りの筋肉が緊張して肛門がしまり、便との摩擦が増えてしまいます。まずは病院を受診して診断を受け、治療を受けられてはいかがでしょうか。(医師)

排便に細心の注意が必要な今の状況を打開するには、まずは便をやわらかくするように心がけることが大切です。そして一度、受診してきちんと治療を受けることが、病状改善の近道となるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加