健康

2015/12/20

飲み過ぎで下痢に…本当にアルコールのせい?何か病気が…

飲み過ぎで下痢に…本当にアルコールのせい?何か病気が…

少し飲み過ぎると、翌日は下痢になってしまうという人もいるようです。アルコールが引き起こしている下痢なのでしょうか、それとも何か病気が隠れているのでしょうか。

30代男性からの相談:「飲酒した翌日は下痢になるが、便秘よりはマシ?」

現在35歳なのですが、1週間に5回は必ず晩酌をしています。中途半端にアルコールを摂取することができず、酔っぱらうというほどでもないのですが、いつもそれなりにいい気分になるまで飲まなければ気が済まないほどです。そんな生活が3年くらいは続いているのですが、飲む量が多いせいか、ちょっと多く飲んでしまうと翌日は決まって下痢になってしまいます。これはアルコールを飲みすぎたから下痢になったのでしょうか。それとも何か病気で下痢になっているのでしょうか。便秘よりは下痢でも出たほうがいいだろうと考えていましたが、ちょっと心配になってきました。(30代・男性)

アルコールの摂りすぎは下痢を引き起こす

アルコールを摂りすぎると下痢を引き起こすようです。適量を守り、腹痛や血便がある場合は、飲酒しないようにしましょう。

アルコールの摂りすぎで、下痢になる方はたくさんいますが、下痢といっても、形があり水に溶けない軟便でしたら、さほど心配ないでしょう。腹痛を伴ったり、水のような便や、血液が混ざるようでしたら、飲酒は控えてください。(看護師)
個人によって飲酒の適量は異なりますが、一般的に適量といわれるのは、ビールでしたら、中ビン1本、日本酒(15度)で1合程度、焼酎(25度)なら約110ml程度です。毎日のように飲酒していると次第に量が増えていきますから、たくさん飲みたいときはノンアルコールのものにしてください。(看護師)

内臓のダメージや大腸の疾患が隠れている場合も

飲み過ぎが続くと、膵臓や肝臓が疲労してうまく働かなくなるため、下痢につながっていることも考えられます。また、大腸のがんや疾患、代謝の異常などの可能性もありますので、一度、検査を受けておくと安心かもしれません。

アルコールの摂取を続けていると、人によっては膵臓が疲労して慢性膵炎になることがあります。膵臓は消化酵素を分泌していますが、それがうまく機能しなくなると消化吸収に影響し下痢になることがあります。また肝臓もアルコールの処理に手いっぱいになり、消化液が十分作られなくなることがあります。(医師)
アルコールが臓器に与える影響は体質と摂取量が関連しており、どれだけアルコールを摂取してもまったく影響のない人もいれば、毎日少ししか飲んでいないのに、臓器にダメージを負うこともあります。まずは下痢の原因となる病気がないかどうか、またアルコールの影響を体がどれぐらい受けているか、消化器内科を受診してみてもらいましょう。(医師)
下痢の原因がアルコールとは限りません。慢性的な下痢の場合、大腸炎や大腸がん、クローン病など大腸の疾患、甲状腺機能障害や代謝の異常によって起こる場合もありますから、心配でしたら、病院を受診してください。(看護師)

アルコールの摂りすぎは、下痢を引き起こします。適量を守りましょう。また、内臓のダメージや大腸の疾患、代謝異常などが下痢に関係していることも考えられるため、心配な場合は検査を受けてみるとよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加