メンタル

2015/12/18

不眠で幻聴が…病院に行くのも怖いが、治す方法は?

不眠で幻聴が…病院に行くのも怖いが、治す方法は?

身体は疲れているのに眠れないのは、本当につらいことです。不眠が続き幻聴まで聞こえるようになってしまったという男性、病院に行かずに治す方法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「不眠症で幻聴が聞こえるようになった」

部署の移動があり職場の環境が急変したせいか、夜寝られません。体は本当に疲れていて休みたいのですが、うとうとしては目が覚めるの繰り返しでつらいです。お酒を飲むと深い眠りにつけるのですが、アルコール依存になりそうで怖いので、頼らないようにしています。寝不足のせいか、昼間は集中力がなくなったり、幻聴のような人の声が聞こえてくるようになりました。病院に行った方がよさそうなのですが、怖くていけません。病院へ行かずに治す方法があるなら知りたいです。(30代・男性)

環境作りと習慣作りでリラックスのための切り替えを

リラックスできる環境を作ったり、読書や飲み物など寝る前の習慣を作ることで、心身ともに仕事を離れて眠る準備ができるよう工夫してみましょう。

眠ろう眠ろうとすると、脳が興奮して逆に眠れなくなりますから、余計なことは考えず、目を閉じて静かに横になってください。部屋を暗くして、静かな音楽をかけたり、リラックスできる環境を作ってください。新しいシーツに変えたり、枕を変えても寝つきがよくなると思います。できるだけ規則的な生活で、眠気がなくても決まった時間にベッドに入るようにしてください。(看護師)
寝る前に読書したり、温かい牛乳を飲んだり、自分なりの寝る前の習慣を作ってください。仕事と私生活の区別をつけ、家に戻ったら、なるべく仕事のことは考えないようにし、自分の好きなことを行って気分転換してください。(看護師)
できるだけリラックスして布団に入れるように、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるなど工夫してはいかがでしょうか。(医師)

一人で無理をせず病院に行くのが一番の早道

今の悪循環を断ち切るには、実は受診が一番簡単な方法。カウンセリングを受けたり、一時的に薬を使うなどして心身の疲れが取れれば、不眠も幻聴も解決する可能性が高まるようです。

疲れていたり、ストレスがたまっていると、幻聴(空耳)がすることもあります。一時的なものでしたら気にしなくてもよいですが、頻回に起こるようでしたら、早めに病院を受診した方がよいでしょう。精神科に抵抗があれば、心療内科でカウンセリングを受けてもよいでしょう。一人で解決しようと無理を続けると、症状が悪化することもあります。(看護師)
病院に行くのが怖いということですが、それはどうしてでしょうか?一番簡単に解決する方法は睡眠導入剤を服用することだと思います。寝付くときに深い眠りが得られれば、薬の効果が切れても、その後は朝まで自然に寝ることができます。導入剤だけでは不十分な場合は、夕食後に軽い安定剤を服用することも手です。これらは今たまっている身体の疲れが取れれば不要になります。(医師)

不眠が続き幻聴まで聞こえる場合、やはり受診を検討するのが一番の早道です。とはいえ、睡眠のための環境と習慣を整えるよう工夫することで、仕事と休息の切り替えができれば、心身ともにリラックスでき、状況が改善するかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加