健康

2015/12/26

悪玉コレステロール、本当に危険な数値はどの程度?

悪玉コレステロール、本当に危険な数値はどの程度?

悪玉コレステロールがたまると血管が狭くなって血液が詰まりやすく、動脈硬化などを引き起こす原因となってしまいます。会社の健康診断などで数値が高く出て要検査となることがありますが、治療に取り組まなければならない基準というのはあるのでしょうか。

50代男性からの相談:「悪玉コレステロールは、どの程度なら身体に影響が?」

健康診断で、悪玉コレステロールが基準値より高い値が出ました。基準値は70~139で結果は154でしたが、脂質異常症で要医療と書かれていました。そのため医師に相談したら「この程度なら食事療法と運動をするぐらいでよい、アメリカの基準値はもっと高いですよ」といわれました。本当に危険な数値というのはどの程度なのか、どのぐらいの値だと真剣に治療に専念しなければいけないのか、教えてください。(50代・男性)

さらに数値が上昇すれば内服治療が必要

運動や食事で改善されず今後さらに数値が上がってきたら、内服薬での治療が必要になります。脂質異常症は自覚症状がないですが、進行すると脳卒中などを起こす危険性があるため、数値がそれ程高くない今のうちから改善に向けて取り組んだ方がよいでしょう。

現在は基準値をわずかに上回る程度ですので、まずは運動療法と食事制限をするようにいわれたのではないでしょうか。運動と食事で改善できず、さらに数値が高くなるようでしたら、薬の内服が必要でしょう。(看護師)
アメリカの基準値が高いといわれても食生活が違いますし、日本人ですので日本人の基準で考えなければなりません。また、コレステロール値は前日に食べたものでも左右されるため、1回の検査だけでは本当に治療が必要かはわかりません。(看護師)
危ない値だから治療が必要で、危なくないから治療をしなくてよいというわけではありません。脂質異常症は自覚症状がないですが、血管内にカスが存在するため血液の通りに影響が出ます。血圧は高くなり、カスが増えれば狭心症や心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気の引き金となるため、現時点でも真剣に改善に向け取り組むべきではないでしょうか。(看護師)

動物性脂肪を控えて、少し汗ばむ程度の運動を継続

日常生活では、食事は動物性脂肪の摂り過ぎに注意し、日頃から少し汗をかく程度の運動を行うとよいでしょう。

脂質異常が指摘された場合は食事や運動療法が基本になるため、動物性脂肪を含む食品やアルコールは控え、野菜を中心にバランスのよい3食の食事を心がけてください。コレステロールを多く含むものは鶏卵やイクラなどの動物の卵、鰻やレバーなどがあります。コレステロールを含む食品を控えるのも大切ですが、コレステロールを排出しやすいキノコ類や魚介類、大豆製品を多めに摂ることも必要です。(看護師)
運動は少し汗をかく程度のウォーキングや体操、軽いジョギングを毎日行うようにしてください。運動が無理なら、なるべく階段を使ったり1駅前で降りて歩くなど、できる範囲で身体を動かす工夫をしてください。(看護師)

今はそれほど深刻ではないから、様子見でよいというわけではありません。今後、数値が上がれば当然治療が必要になってきますし、脂質異常症は自覚症状がないまま脳卒中などを起こすリスクが高くなります。生活習慣の見直しで改善可能な今のうちから、できる範囲で運動や食事制限をするとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加