健康

2015/12/16

空腹時に運動すると胃がキリキリと痛む…胃に異常が?

空腹時に運動すると胃がキリキリと痛む…胃に異常が?

空腹だと、胃にキューっとした痛みを感じることがあります。普通にしていると治まることが多いのですが、空腹時に運動をすると胃にキリキリとした強い痛みが走り、貧血のような症状を伴う人もいるようですが、これは一体なぜでしょうか。

40代男性からの相談:「空腹時の運動で胃がキリキリと苦しくなるのは疾患か?」

私は、普段からお腹いっぱい食べることが少ないのですが、そのせいか空腹時にカロリーを消費する運動をしていると、胃が小さく収縮するような状態に陥ります。何ともいえないキリキリとした痛みのような苦しみを伴い、ひどいときには同時に貧血のような症状が現れます。これは単なる栄養失調的なものなのか、それとも胃に何か異常があるのでしょうか。(40代・男性)

運動は食後1時間程度経ってから

空腹だと胃酸の分泌が盛んになり、痛みを感じたり消化器官に血液が集中するため、他の臓器が血流不足となり、貧血が起こりやすくなるようです。また、空腹の状態で運動をすると低血糖を起こすこともありますので、運動は食後1時間程度経ってからがよいでしょう。

空腹だと胃酸の分泌や胃腸の運動が盛んになり、血流を胃腸に集中させ、食事を摂るための消化活動の準備を始めます。このときに食事を摂らず運動を行うと、胃腸が過剰に収縮されて胃に痛みが生じたり、血液が胃腸に集中することで他の臓器が血流不足となり、貧血を起こしやすくなります。また、空腹時に胃の痛みがある場合は胃潰瘍の疑いもあります。(看護師)
空腹時の運動は、低血糖を起こしやすいのでおすすめできません。運動をするのでしたら、少なくても食後30分~1時間後、消化活動が治まってからにしてください。(看護師)
1回の食事量が少ないのなら、食事回数を増やし小分けにしてバランスのとれた食事を心がけてください。肥満度数であるBMIは体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]で計算でき、この値が25未満だと肥満ではないので、無理に運動して減量する必要はありません。 (看護師)

痛む部位が胃ではないことも

自分では胃が痛むと思っていても、実際は違う部位に疾患があることもあります。少ししか食べられない原因や栄養失調の可能性についても、正しい診断のためには医師の診察が不可欠ですので、一度、病院を受診してみるとよいかもしれません。

胃に食べ物があれば、消化のために血液が消化器系に集中するため、貧血のような症状を感じることもあります。しかし普段の血圧の数値にもよりますし、栄養失調や貧血については採血の結果がないと判断しかねます。(看護師)
痛む部位が本当に胃で間違いないのか、また、そもそもなぜ少ししか食べられないのかということでも話は違ってきます。40代という年代は何か病気があってもおかしくないですし、心配でしたら一度、病院を受診されることが安心につながると思います。(看護師)

空腹時は胃酸の分泌が増えるため、ただでさえ胃に痛みを感じやすいですし、運動をすることで胃が収縮されるのでさらに痛みが増すことがあります。少食や栄養失調ではないかということについても、不安があれば一度、医師に相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加