ED

2015/12/13

胃と性欲には深い関係が? 暴飲暴食で減少する精力の原因は?

胃と性欲には深い関係が? 暴飲暴食で減少する精力の原因は?

最近、なんだか精力が衰えてきたなと感じることが多くなった…。このような悩みを持つ男性の中には、原因は日頃の暴飲暴食ではないかと考える人もいるようです。生活習慣が不規則だったり乱れた食生活は、精力の減退と関わりがあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「暴飲暴食をした翌日、決まって精力減退を感じる」

これまで感じたことのない悩みですが、それはお酒を飲んだ翌日、精力が減退してしまっているのです。勃起はするものの、射精時に精液が出なかったり水っぽかったりします。最近、暴飲暴食すると必ずといってよいほど翌朝がつらく、自分でもかなり胃が荒れている感じがするのですが、もしかしたら精力と胃腸は何か関係があるのでしょうか。ちなみに、血液検査などでは異常はみられません。 (40代・男性)

暴飲暴食をした翌日に精力がなくなるという今回の相談者さん。アルコールを取りすぎると勃起しずらくなるということはありますが、食事の摂取で性欲がなくなるということはあるのでしょうか。胃腸と精力の関係性も気にしつつ専門の方にお話しを伺ってみましょう。

精力減退にはストレスや生活習慣が影響

誰でも年齢を重ねるにつれ、精力は次第に減退してきますし、ストレスや生活習慣によっても性欲の低下は起こります。また、勃起はするけど射精までいかない場合、精神的なことが原因であることが多いようです。

年齢とともに精力は減退しますし、不規則な生活習慣や乱れた食生活、飲酒や喫煙もEDの症状を悪化させます。それ以外にも前立腺肥大症など生殖器の疾患、糖尿病や腎・肝機能低下などの内臓疾患、疲れやストレスや精神的なものも影響します。(看護師)
性欲は、10~20代の頃に比べて減退するのは仕方がないことですし、ストレスが加わったりすると勃起はするものの持続できず、射精に至らずに萎えてしまったり挿入できないということもあるようです。(看護師)
勃起するのに射精できない場合は、精神的なことが原因となっている場合がほとんどです。性行為の目的は射精だけではないと思うので、リラックスして取り組んでください。後は内科の検査以外に、泌尿器科の検査も受けた方がよいと思います。(看護師)
身体的に異常がないのなら、生活を見直してください。できるだけ規則的な生活で十分な睡眠と軽い運動を心がけ、疲れやストレスをためないようにしましょう。(看護師)

精力減退を食い止める食生活とは

暴飲暴食で胃腸に負担がかかると血液循環が悪くなり、勃起や射精に影響を与えることもあるようです。脂っこいものは控え、バランスのよい食事を心がけましょう。

食事は脂肪分を含むものは避け、亜鉛を含む魚介類や卵やレバーなどを多めに摂った方がよいですが、偏った食事はよくないため何でもバランスよく摂りましょう。胃が荒れていると感じているのなら、暴飲暴食はよくありません。アルコールは控え、消化のよいものをよく噛んで食べるようにしてください。(看護師)
脂っこい食べ物を摂ると血液循環が悪くなるため、暴飲暴食といった食生活も精力減退に影響があると思います。胃もたれについても、食べ物を消化しようと胃をはじめとする消化器系の臓器に血液が集中するため、勃起するのに必要な血液が十分に循環しないのかもしれません。食生活の見直しと、運動の習慣が必要ではないでしょうか。(看護師)

歳とともに精力は減退するものですが、生活習慣や食生活は大きな関わりがあるようです。胃の不調という自覚症状もありますし、脂っこい食事やアルコールは控えるようにして、またストレスをためないようにすることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加