健康

2014/09/23

膝の激しい痛み。溜まった水は抜いてもまた溜まる?

膝の激しい痛み。溜まった水は抜いてもまた溜まる?

年齢を重ねるとどうしても関節などに負担がかかってきます。その原因は様々ですが、膝に水が溜まるというのは激しい痛みを伴い辛いものです。病院で抜いてもらい楽になってもまた溜まってしまう…。完治は望めるのでしょうか?

50代男性からの相談:「膝の水」

長年の重労働により膝に水が溜まってしまい、酷い痛みを感じた男性。病院ではまた溜まってしまうかもしれないと言われ、仕事を辞めるわけにもいかず不安を抱える毎日です。

私は昔から石材関係の仕事をしていて重労働です。身体に負担をかけているのはわかるのですが、他に転職するわけにもいかず、老後の貯蓄もないため働き続けるしかありません。しかし最近、ついに身体にガタがきて膝にひどい痛みを感じました。病院へ行くと皿に水が溜まっているとの事で抜いてもらいだいぶ楽になりました。しかしまた水が溜まるかもしれないと言われ、今後も働かねばならないのにとても不安です。完全治癒は可能なのでしょうか。

そもそもなぜ膝に水が溜まってしまうのか。原因はいくつか考えられます。

膝に水がたまるのは、長い間負担をかけてきた事や、関節の炎症やリウマチなどの疾患によっておこる場合があります。いずれにせよ、きちんと治療を受けるのがよいようです。

長い間、膝や腰に負担をかけているとどうしてもその影響は出てきます。膝に水が溜まる原因としては、膝関節の炎症、変形性膝関節症が一番多く、その他リウマチなどが考えられます。(看護師)
膝関節は身体のほぼ全体重を支えるわけですから、どうしても負担がかかりやすいです。 膝関節の過度な負担や老化で膝に水が溜まる方がいらっしゃいます。(看護師)
現在は水を抜いた後は幾分楽になられると思いますが、今後、膝関節の軟骨などのすり減りによる痛みが出てくる可能性もあります。(看護師)

膝に水が溜まってしまった時の治療法と、自分で気をつける事とは。

まずは病院で受診するのがよいようですが、日常生活でも気をつけられる事は意識して行うと効果があるようです。

関節液が溜まった場合、安静にする(動かさない)、水を抜く、注射をするといった方法で痛みを和らげます。水を抜くだけでもある程度は楽になりますが、抜くだけであれば何度も繰り返します。膝に負担をかけない生活を意識する事が大切です。(看護師)
コラーゲンやヒアルロン酸、ステロイドを注入するという方法があります。そんなにひどくない場合であれば1カ月くらい持ちます。(看護師)
グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントもありますが、えび、かにのアレルギーがある方は禁忌です。食事でとる場合はとり皮、軟骨、うなぎ、なまこ、魚の皮、目玉、納豆、山芋、オクラ、なめこ、根昆布など、ヌルヌルしたものに多く含まれます。(看護師)
太っている場合は膝に負担をかけてしまいますので、ダイエットも効果があります。痛い時には無理をせず、早めに受診をしてくださいね。(看護師)
お仕事柄膝に負担がかかりやすいとの事なので、力仕事をする間だけでも膝の装具を使用してみてはいかがでしょうか?市販されているサポータータイプとは異なり、装具屋さんに採寸してもらって作るしっかりしたタイプのものです。サポーターは意外と楽でずっと着けておきたいとおっしゃる方もいますが、つけっぱなしは筋力を弱めるのでお仕事以外の時には外してください。(看護師)
膝周囲の筋肉を付ける事でも膝関節の保護につながるので、筋力訓練をやってみられるのもよいでしょう。炎症が起きている急性期は、冷やす事と安静を保つ事、早く受診して処置を受ける事が望ましいです。お大事になさってくださいね。(看護師)
炎症が治まったら主治医と相談して膝の筋肉をつける運動を開始するとよいでしょう。関節を守るため筋力が必要です。また、関節の痛みに効くというサプリメント類は、医療関係者としてはオススメできません。高価な割には公的に効果が認められていません。あくまでも食品ですので、口から入れた栄養素が膝だけにピンポイントで届くことは考え難いです。サプリを勧める医師に出会ったこともありません。(看護師)
ドクターによっては、頻繁に水抜きすることで関節の中に水の溜まるスペースが出来てしまう事があるのと、感染リスクもあるので痛みがなければしない方がよいという意見もあります。(看護師)

急性期は安静にし、落ち着いたら医師と相談しながら筋力をつける。体重に気をつける、食事にも気をつけるところがあったのですね。自分で気をつけられる事もたくさんありましたが、やはりまずは医師に相談するのがよいようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加