健康

2015/12/11

五十肩?2カ月続く肩の痛みは通院せずに治せるか?

五十肩?2カ月続く肩の痛みは通院せずに治せるか?

四十肩、五十肩という言葉があるように、肩の痛みは中年以降の悩みの一つ。痛みの原因は何でしょうか。また、通院しないで治す方法があるのでしょうか。

50代男性からの相談:「肩の痛みは通院しなければならないか」

2カ月ほど前から、肩の痛みが気になっています。腕を肩と水平にあげた状態で後ろに動かすと肩に痛みが生じます。車でバックするときに、助手席に手をあてて後ろを振り向くと、肩に激痛が走ることもあります。仕事上机に座りっぱなしでパソコン操作の時間も長いです。肩に異常があるのか首に異常があるのか悩んでいます。できることなら通院しないで済ませたいのですが、ストレッチなど有効な方法はあるのでしょうか。また、通院したら飲み薬を処方されるのでしょうか。現在、血圧を下げる薬と尿酸値を下げる薬を服用しています。(50代・男性)

痛みが続くようなら検査して原因究明を

姿勢やパソコン作業で肩に負担がかかった場合、五十肩の場合、いずれにしても慢性的に痛みが続くようでしたら肩の周りの筋肉や骨、靭帯の検査を受け、原因に合わせた治療を行うのがよいようです。

中高年から増えてくる肩の痛みに四十肩、五十肩があります。筋肉や靭帯などの老化による場合と、明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を伴う場合があります。通常、五十肩は、片側だけに起こり、再発することはありませんから、慢性的に痛みが続いているのでしたら、筋肉や骨、靭帯の検査を受けた方がよいでしょう。(看護師)
治療は、薬物療法、運動療法、理学療法がメインに行われますから、改善されるまでは、やはり通院することになります。また、同じ姿勢を長時間続けた場合や、おっしゃるようにパソコンの作業で、肩の一定部分に負荷がかかり、一時的に肩の痛みが起こる場合もありますから、まずは痛みの原因を調べて、ご自身に合った治療を受けた方がいいでしょう。(看護師)

適度な休憩と全身のストレッチが有効

パソコン作業が多い場合、こまめに休憩をはさみ、肩まわりだけでなく全身の血行を促進するストレッチをするとよいようです。

パソコンやデスクワークを行う人はやはり、首や肩、腰の痛みを訴える方が多いです。1時間に1度は休憩を挟み、肩や首だけではなく身体全体を動かすストレッチなどを取り入れてはいかがでしょうか。それぞれの関節をゆっくりとほぐすように回したり、ひねったりして血液の循環をよくするように意識してください。拝見したところ血圧も高いようですし、このまま続けては頭痛などの症状が出現してしまったり、血圧も高くなってしまったりと悪影響が予測されます。(看護師)

肩の痛みが慢性的に続く場合は、筋肉や骨、靭帯などの検査を受け、原因に合わせた治療を受けるのがベストです。パソコン作業の多い人は、意識して定期的に休憩し、全身の血行を促すストレッチを行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加