健康

2015/12/06

脂っこい物を食べると、すぐにニキビが…よい対策は?

脂っこい物を食べると、すぐにニキビが…よい対策は?

脂っこいものや甘いものなどを食べると、すぐに肌トラブルが起きるため食べるものに気を付けている、という男性から相談が寄せられました。栄養バランスには注意しているようですが、何か他によい対策はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「脂質の摂りすぎによる肌荒れ対策」

ニキビや肌荒れが食事の量や質によって現れやすい体質です。食べ過ぎや脂っこいもの、チョコレートなどの甘い食べ物を少し食べると、次の日には顔に吹き出物やニキビができ、顔中が脂でベトッとしています。栄養の偏った摂取は極力避けていますが、もう少しよい対策はないものか悩んでいます。野菜中心、植物性タンパク質以外のタンパク質を摂取する際に肌荒れに対して気をつけるべき点がありましたら、教えていただけないでしょうか。(40代・男性)

バランスよく摂取するように心がけて

脂っこいものや甘いものを控え、植物性タンパクを摂るといっても、必要な栄養が不足するのは身体によくありません。何でもバランスよく摂るように心がけ、ビタミンや水分、発酵食品などを特に積極的に摂取するとよいようです。

食事では、やはり脂っこいもの、インスタント食品、ジャンクフードや甘い物は控えるようにしてください。ビタミン類や水分を多めに摂ってください。(看護師)
食事に気を使っているようですが、油モノを食べてはいけないわけではありません。食べる際には一緒に消化によいようにレモンをかけたりするとよいですし、発酵食品も定期的に摂取することでお腹の動きがよくなり基礎代謝が上がります。発酵食品ですとヨーグルトやキムチ、納豆、ぬか漬けといったものがスーパーで簡単に購入できますので試してみてください。(看護師)
植物性タンパク質は、低カロリーで肌荒れにもよいのですが、アミノ酸が不十分で、他の栄養素も不足がちになりますから、なんでもバランスよく摂った方がよいでしょう。また、タンパク質を摂りすぎると腎臓に負担がかかったり、カルシウムの排出が促されるため、骨がもろくなる傾向にあります。(看護師)

規則的な生活を送ることも大切

食生活だけでなく、生活リズムの乱れや不潔、睡眠や運動の不足も肌トラブルを招きかねません。

日常生活は規則正しく過ごされていますでしょうか?睡眠不足でも運動不足でも皮膚トラブルは生じる可能性があります。(看護師)
なるべく規則的な生活で、少し汗をかくくらいのジョギングや体操など、適度な運動を行ってください。汗をかくことで、皮脂の排出が促進されます。汗をかいたら、こまめに拭きとったり、早めにシャワーを浴びて皮膚の清潔を心がけてください。(看護師)
ストレスも肌荒れの原因ですから、気分転換したり、好きなことでストレスをためないようにしてください。皮膚の再生を促す成長ホルモンの分泌が盛んになる夜22時~深夜2時の間は、できるだけ眠るようにしてください。洗顔料は殺菌作用があるものやニキビ用を使用して優しく汚れを落とし、石鹸カスが残らないようにしっかりすすいでください。(看護師)

食事内容によりニキビや肌荒れが起こってしまう場合は、脂っこいものなどを控えつつも、栄養不足にならないようにバランスの取れた食事を心がけましょう。また、睡眠や洗顔、運動などの生活改善も同時に行うのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加