健康

2015/12/06

血行不良で起こる頭痛、肩こりは病院で治療できる?

血行不良で起こる頭痛、肩こりは病院で治療できる?

肩こりによって起こる頭痛は、パソコン仕事に従事する方々の多くが経験済みかもしれません。マッサージで一時的に痛みから解放されたたものの、肩こりを根本から治したいという今回の相談ですが、病院で肩こりの治療は可能なのでしょうか。

20代男性からの相談 :「肩こりを根本から治したいが、病院で治療できるか」

パソコン仕事をしているのですが、先日激しい頭痛を感じました。同僚の女性に相談すると肩こりが原因ではないかといわれ、マッサージを受けに行ってみました。すると数日間は比較的楽になったように思えたのですが、約1週間でまた頭痛を感じるようになりました。マッサージに行けば一時的に改善はしますが、根本的な改善はできていないので心配しています。病院などで肩こりの治療はしていただけますか。(20代・男性)

デスクワークをしていると頭痛になるという話は同じような職種の人たちからはよく耳にします。質問者さんは今回同僚のアドバイスでマッサージに行って一時的に回復したようですが、すぐに再発してしまいました。現代人の多くが苦しむ肩こりですが、病院でしっかり治療を受けることは可能なのでしょうか。たかが肩こりと思うべからず!

肩こりによる受診は可能

肩こりがひどくなると、相談にもあったように頭痛が起きたり、時には吐き気や手のしびれなどが起きる可能性もあるため、整形外科を受診しましょう。

肩こりで病院へ行くことを不思議に思われる方もいますが、放置していると頭痛や吐き気が起こったり、ひどくなると手がしびれたり、肩を上げることもできなくなります。まずは整形外科を受診し、骨や筋肉などに異常がないか調べてもらってください。(看護師)
マッサージを受けることで改善したのであれば、やはり肩こりが原因だということで間違いはなさそうです。肩こりでも病院での治療を受けることができます。もちろん症状も改善してくることでしょう。ただし、薬を飲み続けるわけにもいきませんし、もっとも重要になってくるのは「肩こりを起こさないようにすること」でしょう。(看護師)
血行の悪さからくる肩こりなら、定期的にマッサージを受けたり、整骨院でほぐしてもらうとよいでしょう。(看護師)

心がけたい生活習慣

根本的に治すには、日頃の生活習慣を見直し、改善していくことも必要になります。

根本的な治療にならないと思うのは、せっかくほぐしても生活習慣が変わらなければすぐに肩こりが起こるからです。仕事上、長時間パソコンを使うのでしたら、適宜休憩をとって肩を回したり、軽いストレッチを行うようにしてください。(看護師)
入浴時は湯船につかり、肩や首の筋肉の疲れをほぐしてください。眼精疲労も肩こりの原因になりますので、休憩時には目を閉じたり、温かいタオルを目にあてて目の周りを軽くマッサージしてください。寝ているときの姿勢も肩こりの原因になりますし、疲れがとれないため、枕やマットレスは自身にあった硬さや高さのものを選んでください。理想は横向きになったときに、頸椎と脊椎が水平になる姿勢です。(看護師)
治療を受けても肩こりを起こす原因が続いていると、根本的な解決にはなりません。肩こりは無駄な緊張や姿勢が原因の一つです。力を入れる必要はないのに緊張や集中のしすぎで肩に力が入ることが特に多い原因として考えられます。パソコン入力に肩の力は必要ありませんので、力が入っていることに気づく機会を多く作るようにし、力を抜いてリラックスした姿勢で仕事をするようにしてみましょう。(看護師)

慢性的な肩こりは放置せずに、整形外科医を受診しましょう。また、日頃からの姿勢の改善、血行促進の効果がある食べ物、リラックスした入浴といった生活習慣の見直しも根本的な解決につながるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加