健康

2015/12/03

どんどん歯茎が下がっている…食い止めるための対処法は ?

どんどん歯茎が下がっている…食い止めるための対処法は ?

30代を過ぎた頃から気になってくるのが歯の健康です。今回は、歯茎の位置が下がってきているのでは?と心配している男性からの相談ですが、よい対処法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談 :「これ以上、歯茎を下げないためには?」

昔に比べると歯茎の位置が下がってきているのが気になっています。これ以上下がると歯が飛び出してしまうような、不格好な形になってしまうのではと不安です。どうにか食い止められないでしょうか? できるだけ歯茎を中心にブラッシングすることを心がけていますが、改善された様子はありません。このまま歯茎が下がり続けると思うと怖いです。何かよい方法があれば教えていただけないでしょうか ? (30代・男性)

なぜ歯茎が下がるのか

原因として加齢や歯周病も考えられますが、歯磨きの際にブラシの力加減にも注意が必要です。

歯茎が下がる原因には歯ブラシ圧が強すぎたり、歯周病や加齢などがあります。歯茎を中心にブラッシングするのは正しいことですが、歯ブラシが硬すぎないか、力が強すぎないか注意してください。(歯科衛生士)

早急に歯医者で治療を

歯周病になっている場合は放置しておくと歯が抜けてしまう危険性もあるため、早めに歯科を受診するのがよいでしょう。

歯周病の可能性も十分にあります。歯周病になると、歯ぐきを裏打ちしている、歯を支える歯槽骨が徐々に溶けて失われ、そのために歯ぐきが下がったように見えるのです。このままにしておくと、最後には歯がぐらぐらして抜けてしまう結果になります。早急に治療することが必要です。(歯科衛生士)
歯周病の治療は、自分で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアの両方が大切です。まず歯科医院で検査と治療と指導を受け、指導通りにセルフケアを行いましょう。下がった歯ぐきが完全に元に戻ることは残念ながら望めないのですが、きちんと治療すれば食い止めることは可能です。(歯科衛生士)

歯茎の下がりを食い止めるにはブラッシングの改善も大事ですが、歯周病の検査と正しいケア法を指導してもらうためにも、できるだけ早めに歯科で相談されることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加