健康

2015/12/02

尿酸値が基準値オーバー…運動しても下がらないのはなぜ?

尿酸値が基準値オーバー…運動しても下がらないのはなぜ?

人間ドックは健康問題の早期発見に有効です。今回は3年連続で尿酸値がオーバーしていると指摘された男性からの相談です。定期的に運動をしているはずなのに、数値が下がらないのはなぜなのでしょうか。何かよい改善方法はないものでしょうか。

30代男性からの相談:「尿酸値を下げる方法について」

今年の人間ドックで尿酸値が基準オーバーしてしまいました。3 年前から毎年オーバーしています。医師からは「基準値よりは少し出ているくらいなので、様子見で、運動をして水分を摂ってください」とアドバイスされました。昨年から定期的に運動はしているのですが、数値が下がらないのはなぜでしょうか。気をつけた方がよい食べ物などはありますか。尿酸値が高くなると痛風になるといわれ、かなり心配です。(30代・男性)

尿酸値を下げるには、プリン体の多い食材を控えて

プリン体を多く含む食材をたくさんとっていると、尿酸値は下がりません。摂取を控えるように心がけましょう。

医師から制限がなければ、特に気にしなくてもよいと思いますが、せっかく運動して、水分を摂っても、プリン体の多い物を摂っていては改善されません。(看護師)
尿酸値を上げてしまう、プリン体の多い食品で、一般的に摂取しやすそうなものは、牛の焼肉レバー、牛肉ヒレステーキ、豚ロースステーキ、アジの干物、サンマなどで、アルコールでは日本酒、ビール、ワイン、ブランデー、ウイスキーなど全般があげられています。(看護師)
プリン体を多く含むのは、アンキモ、白子、レバー、牛ヒレ、豚ロースなどで、アルコール、特にビールには多くのプリン体が含まれていることは、よく知られています。これらの食品を控えるのと同時に、尿をアルカリ性に傾ける食品、海藻類、野菜類、イモ類などをバランスよく摂るようにしてください。アルコールはノンアルコールか、プリン体を抑えたものがよいでしょう。(看護師)

プリン体を下げる食材の摂取を。運動と水分も大切

プリン体を下げる食材を積極的にとって、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。適度な運動と水分摂取も心がけましょう。

最近は、プリン体の摂取を控えるより、いかに排出させるかが重要視されています。(看護師)
プリン体を下げる食材は、わかめ、ひじき、こんぶ、ほうれん草、ニンジン、キャベツ、メロン、バナナなどです。食材自体がプリン体を下げるわけではありませんが、尿がアルカリ性に傾くことで尿酸値が低下するといわれます。(看護師)
尿酸値を下げるには、継続的な運動と水分の摂取も効果的です。プリン体を下げる食材を摂取しながら、今のままの運動習慣を続けてみてください。(看護師)
運動は継続して行ってください。ストレスをためないこと、できるだけ規則的な生活を心がけてください。(看護師)

尿酸値を下げるには、プリン体を多く含む食材を控えることが大切です。同時に、プリン体を下げる食材を積極的に摂取して、バランスのとれた食事を心がけましょう。継続的な運動と水分摂取も効果があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加