健康

2015/12/01

痔の治療は手術がベスト?他に治療方法は?

痔の治療は手術がベスト?他に治療方法は?

さほど痛みを感じず軽度な痔でも、排便の際に出血してしまったり異物感があるなど、不快な感覚は付いてまわります。しかし、恥ずかしさから受診をためらったり、我慢してやり過ごす人は多いもの。痔の悩みをすっきり解決できる有効な治療法はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「痔の有効な治療方は手術しかない?」

長年、外側の痔で悩み苦しんでいます。恐らく痔は中にもあると思います。恥ずかしいことと、気をつければそれなりに痛みは出てこないことから、受診や治療はしていません。長時間の座り仕事は避ける、肛門付近の刺激を極力避けるなどの対策でそれなりの効果はあります。ただ、痔に悩んでいる知人は思い切って痔の切除手術をし、術後は非常に良好だそうで、私にもすすめてきます。痔の有効な治療法は、手術以外にないのでしょうか。(40代・男性)

痔の程度により、治療法は様々

治療方法は手術だけではありません。痔の程度に応じて薬物療法を行うこともありますので、肛門科の医師に相談しましょう。

手術をするかどうかは、痔の程度によるところが大きいです。知人の場合は手術による切除が必要なケースだったのでしょう。治療は必ずしも手術というわけではありません。軽症の場合は、患部に塗る軟膏や肛門の中に入れる薬を使います。薬は1種類で治療を行うケースもあれば、複数種類を組み合わることもあります。また、便秘が症状を悪化させることが考えられるケースでは、緩下剤の内服を行うこともあります。(看護師)
痔核が大きくなりすぎて脱肛した場合、常に脱出している状態なら手術の適応になります。痔核自体はなくなりませんが、さほど大きくなければ自分で押し込んでケアすることで改善されます。手術をするか否かは症状によるので、肛門科の医師と相談してください。(看護師)

痔を悪化させないための4つのポイント

痔を悪化させないため、日常生活において4つのポイントに気をつけていきましょう。

1.血行をよくすること。長時間座った状況を避け、適度な運動をすること、下半身を冷やさないようにしてください。(看護師)
2.便秘を予防すること。脂っこい物や辛い物などの刺激物は便秘になりやすく、痔核を悪化させますので、繊維質やビタミンの多い食品や水分を多めに摂ってください。(看護師)
3.排便時のケアに気をつけること。排便の後は、洗浄シャワーやお尻拭きシートで肛門を清潔にしてください。神経質になって洗浄シャワーを使い過ぎると、悪化したり、切れ痔になることもありますので、弱い水流で30秒以内の使用にしてください。(看護師)
4.肛門を引き締める運動をすること。肛門を触り小さいイボのようなものが触れたら、入浴時、温まった状態のときに指で押し込んでください。その際に、肛門をきゅっと数秒間引き締めます。肛門を引き締める運動は、普段の生活でも心がけて行ってください。(看護師)

痔の治療法は症状によって異なり、手術の他に薬物療法を行うこともあります。どんな治療がよいかは肛門科の医師に相談することも一案です。痔の悪化を防ぐためには、血行をよくする・便秘予防・清潔を保つ・肛門の引き締め運動を行うことがポイントのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加