薄毛

2014/07/25

生え際の薄毛が気になる…帽子や分け目が原因?

生え際の薄毛が気になる…帽子や分け目が原因?

男性にとって薄毛の悩みはつきものです。特に生え際や分け目は気になるものです。薄くなったように感じるとなんだか自信がなくなり、気持ちが滅入ってしまいますね。帽子や髪を束ねた際の分け目などがきっかけで…、といった話を時折耳にしますが、実際のところはどうなのか。当てはまることが多く、不安に思い始めた方からの質問です。

30代男性からの質問:「自分の薄毛対策が合っているのか不安です」

髪の毛が薄くなったように感じ、帽子や分け目などが原因では?と考えているようです。

薄毛について疑問に思っていることがあるのでお聞かせください。何年も前から髪の生え際とか分け目が薄くなったような気がします。私は髪を伸ばしておりまして、後ろで縛れるほどです。仕事のある日には後ろで束ねて過ごしています。薄毛対策になるかわかりませんが、直射日光も髪や頭皮に悪いような気がして、外に出る時にはいつも帽子を被っています。私の取っている対策は薄毛防止になるのでしょうか? 日々の生活習慣が薄毛の原因になることなどあるのでしょうか? 友人は髪の分け目は常に変えている方がいいそうです。また、帽子を被るのもよくないと言います。本当に友人の言う通りなのでしょうか。専門家のご意見をお聞かせください。

意外にも、帽子は立派な薄毛対策。風通しのよい素材を選びましょう。

直射日光などは肌に悪影響を与えることもあり、帽子を被ることは頭皮を守るという点で1つの薄毛対策と考えられます。ただし、蒸れてしまうと逆に頭皮に負担がかかりますので、風通しのよい素材を選ぶとよいでしょう。

確かに強い日光は肌に負担がかかり、肌の一部である頭皮にも悪影響があると思います。(看護師)
帽子によっては風通しが悪いと蒸れて頭皮に負担がかかります。帽子の素材などに注意して選んでみてはいかがでしょうか?(看護師)

髪の束ね方には注意が必要かもしれません

ポニーテールなどで髪を引っ張っていると、その部分が薄くなることもあるようです。同じ場所ばかりに負担をかけないで、時々は分け目も変えましょう。

髪の分け目については実体験になりますが、時々変えた方が良いと思います。(看護師)
ポニーテールを続けている時期にこめかみ部分の毛が薄くなりました。(看護師)

帽子も髪の束ね方も、薄毛を引き起こす原因となり得ます。気になる場合は、帽子の素材や分け目などを変える必要がありそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加