メタボリック

2014/09/20

走っても体重が減らなくなった…どうすれば減量できるでしょうか?

走っても体重が減らなくなった…どうすれば減量できるでしょうか?

食事制限や運動をしているのに、何故かこれ以上体重が減らない。このような経験をしたことはありませんか。今回は地道にダイエットを続けているのに、体重が落ちなくなったと悩んでいる方からの質問です。体重を落とすためには、どういった減量を行うのがよいのでしょうか。

40代男性からの相談:「体重の落とし方について」

健康管理のためにダイエットを始めて15kgの減量に成功したものの、これ以降体重を落とせなくなったと悩んでしまっている男性からの相談です。

私は現在49歳で身長165cm、体重70kgです。2年ほど前は高脂血症、高コレステロール、高尿酸でGTP・GOTともに高く、体重は88kgありました。動脈硬化で視野欠損したことを境にウォーキングを始め、その後ジョギングに移行し半年で15kg落ちました。体重が落ちるとゆっくりながらも長距離を走れるようになり、フルマラソンやウルトラマラソンの完走も達成しました。今でも月間100~200kmは走っているのですが、70kg前後から全く体重が落ちません。食事にも気を使い、晩酌はせずお酒は週末に飲む程度にしています。現在血液検査は全て正常範囲で体調も悪くないですのですが、体重をあと5kg落としたいです。どうしたらよいでしょうか。

減量は段階的。身体の仕組みを知れば停滞期も怖くない

順調に体重が落ち、いつもと変わらない食事と運動を続けていても、ある時期を境に減らなくなる状態が続きます。しかしこれは一時的なものとのこと。

半年で15kgの減量(約月2.5kgの減量)は、理想的な減量となります。体重は決して直線的には減らず、減量期と停滞期により段階的に減るものです。体重が減少してくると、身体はこのような変化を危険な状態であると判断し、減量をセーブしようとします。運動により消費カロリーが亢進しても、停滞期は体の機能を保つためにエネルギーを蓄えようとするのです。(管理栄養士)

停滞期の無理な減量は控えて、今まで通りの運動を

体重が落ちにくい時期を上手く乗り切れず、そのままダイエットを挫折してしまう方もいますが、今までと同じ減量を続けていると、そのうち成果が現れるとのこと。

私も病院で栄養相談に携わってきましたが、10kg以上の減量に成功した方が停滞期に苦しむ姿が多く見受けられました。乗り越える方、挫折する方どちらも見てきました。この時期は食事制限よりも代謝を上げる運動の方が効率的で、今まで通りの減量方法を続けていれば、しばらくすると体重は落ちてきます。(管理栄養士)
体重の変化があらわれない時期は辛いとは思いますが、現在の体重を維持することも大切です。(管理栄養士)
停滞期でも食事は今までどおりバランスよくとり、ジョギングも今までと同じで十分かと思われます。この時期は食事制限よりも代謝をあげる運動の方が効率的と言われております。今まで通りの減量方法を続けていればしばらくすると体重が落ちてきます。(管理栄養士)

現在の体重を維持しながら、体脂肪率のチェックを

体重の変化が現れないときに注意して見るべきなのは、体重よりもむしろ体脂肪率という声が。

男性の適性体脂肪率は14.9%以下は痩せ、15~19.9%は適正、20~24.9%は軽い肥満、25%からは肥満です。体脂肪を増やさないように、体幹(インナーマッスル)を鍛える運動を継続されると、また体重が落ちる時期が訪れます。食事も気をつけていらっしゃるので、体脂肪率を維持してみて下さい。(管理栄養士)

今まで通りの減量を続けているのに、体重が落ちなくなると歯痒いもの。いずれ訪れる減量できる時期を待って、体脂肪率を意識しながら現状維持に努めることが成功のカギと言えます。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加