メンタル

2015/11/28

心臓の脈打つ音が気になって眠れない…これってうつ病?

心臓の脈打つ音が気になって眠れない…これってうつ病?

普段なら気にしないようなことが、突然、気になりだすことも。今回の相談者の悩みは、心臓の鼓動。脈打つ音が気になり、深刻な睡眠不足に陥っています。いったい何が原因なのでしょうか。

30代男性からの相談:「心臓の脈が気になって眠れない」

事務系の仕事をしていますが、仕事中や寝るとき、心臓がドキンと脈打つのが気になって仕方ありません。おかげで寝つきが悪く、眠っても夜中に目が覚め、睡眠時間は3時間くらいです。病院で心電図をとりましたが、異常なしといわれました。気になるならとユーパンという安定剤のような薬をもらい、それを飲んだ日は気にせずに眠れました。安定剤が効くというのは、うつ病でしょうか。脈拍も精神と関係ありますか。(30代・男性)

うつ病とはいえないものの、精神的なストレスが原因かも

うつ病とは判断できないものの、精神的なストレスが原因となっている可能性はあるようです。

うつ病では胸がドキンとするようなことはありませんので、そうではないと思われます。かといって心臓や血管の疾患であれば、そんなに日常的に同じようなタイミングで起こることもないといってよいでしょう。(看護師)
うつ病ではありませんが、精神的なストレスが原因で、引き起こされる症状であることは考えられます。パニック障害やストレス障害というものかもしれません。(看護師)
ユーパンは、抗不安剤の中でも強めの方ですから、すぐに効果が現れて睡眠がとれたと思います。ただ、これだけでうつ病とは判断できません。(看護師)
うつ病の診断には、専門医の判断が必要です。誰でも気分が落ち込んだり、ストレスや不安で眠れなかったり、天気が悪いだけで憂鬱になったりします。ドキンと脈打っても、深呼吸したり、休んで治まるようでしたら、あまり気にしないでください。(看護師)
基本的に病院を受診した際、何らかの病名がついているはずです。おそらくは心療内科やメンタルクリニックではなく、一般診療科・循環器内科を受診されたのではないでしょうか。再診の際には病名を尋ねてみてください。(看護師)

気にしすぎは逆効果。リラックスできる環境づくりを

眠らなければと思うと、余計に眠れなくなることもあります。気にしすぎないように心がけ、リラックスできる環境を整えましょう。

ストレスや不安、緊張など精神的なことでも動悸は起こりますし、脈拍が早くなったりします。一時的なもので、心電図に異常がなければ心配ありませんが、気になって夜も眠れないようでしたら、安定剤で気分を落ち着かせて睡眠をとることも必要です。(看護師)
ぬるめの湯船にゆっくりつかり、身体が温かいうちにベットに入って、リラックスしてください。(看護師)
眠らなければと思うと脳が興奮して、余計に寝付けなくなります。目を閉じて、静かに横になってください。アロマを利用したり、静かな音楽を聴くのもよいかと思います。カフェインを含むものは控え、ゆっくり眠れる環境を作ってみてください。(看護師)
もし心配であれば、心療内科を受診してみた方がよいかもしれません。(看護師)

うつ病ではないものの、精神的な原因から起きている可能性はあるようです。気にしすぎると逆効果です。リラックスを心がけ、寝つきやすい環境を整えましょう。心療内科で相談してみるのも一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加