健康

2014/09/20

腰痛に効果的なストレッチのタイミングって?

腰痛に効果的なストレッチのタイミングって?

急な動作でなってしまったギックリ腰や、腰に負担のかかるデスクワークなど、腰痛の原因は様々です。試しにストレッチをしてみたけれど、いまひとつ効果が分からないという方も多いのではないでしょうか。今回の相談者の男性も、腰痛に効果的なストレッチのタイミングがあれば知りたいと思っています。また、日常生活でどんなことに注意すると良いのでしょうか。

30代男性からの相談:「腰痛防止のストレッチを効果的に行う方法を知りたいです」

腰痛防止に、毎日帰宅してからお風呂に入る前にストレッチをしているけれど、なかなか効果を実感できずに悩んでいる男性からの相談です。

以前、仕事中にギックリ腰をやっております。それから疲れが溜まったり風邪をひいたりした時は、特に腰が痛むようになりました。腰痛防止の為にもストレッチをやるようにと整形外科で言われ、家でも簡単にできるストレッチを教わってからは、毎日帰宅してからお風呂に入る前にストレッチをしています。しかしいまいひとつ効果が分かりません。痛みがある時は無理にしないようにしていますが、ストレッチをもっと効果的に行うにはどうすればいいのでしょうか?ストレッチのベストタイミング等あれば教えて頂きたいです。

ストレッチは入浴前より入浴後がおすすめ。ただし、腰痛があるときはくれぐれも安静に。

ストレッチは、お風呂で充分に身体をあたためて血行を良くし、筋肉が柔らかくなってから行うのがベスト。また、腹筋や背筋を鍛えるようなストレッチを取り入れることで、楽になるという声も。

ストレッチは、入浴前ではなく、筋肉が柔らかくなった入浴後が良いです。また、腰を温めると、腰痛が楽になりますので良いと思います。(看護師)
腹筋や背筋を鍛えるようなものを取り入れて下さい。きっと楽になると思います。腰痛があるときはくれぐれも安静にしていただき、試してみてください。(看護師)

仕事中の姿勢や動作にも注意

仕事で同じ姿勢が続くと、血行が悪くなり疲労が溜まりやすくなります。トイレ休憩の際など、少しでも身体を動かすと良いです。腰に無理のかかる動作にも注意しましょう。

疲れが溜まると痛みが出やすいので、できるだけ疲れを溜めないように。(看護師)
腰をかがめるなど、腰に負担がくるような無理な体勢は禁物です。床や低い位置の物をとるときも、膝を曲げて取るようにすると良いでしょう。(看護師)

ストレッチを行うタイミングは、入浴前より入浴後の方が筋肉が柔らかくなっているのでおすすめとのこと。腹筋や背筋を鍛えるようなストレッチを取り入れることが望ましいですが、継続して行うことが一番大切。まずは、会社の昼休みや仕事の合間に、少しずつストレッチを取り入れてみてはいかがでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加