健康

2015/11/21

水っぽい鼻水を止めるにはどうすればいいのか?

水っぽい鼻水を止めるにはどうすればいいのか?

鼻水は風邪の一般的な症状ですが、それ以外でも鼻炎やアレルギーなど様々な原因で起こります。一言に鼻水といっても、ドロっとしたものやサラッとしたものまでありますが、水のようなサラサラ鼻水の場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

40代男性からの相談:「ティッシュ何箱も使うほどサラサラ鼻水が止まらない」

高校生の頃まで鼻炎のような症状がひどかったのですが、大人になるにつれて治まってきました。しかしここ数年、毎日ではありませんがまた鼻水に悩まされるようになり、特に朝起きてすぐにサラサラの水っぽい鼻水が出始め、ひどいときは1日中、止まらずにティッシュを何箱も消費してしまうほどです。鼻水が出てくるとまったく仕事に集中できず、薬を飲むと眠くなってしまうし、どうすればよいでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>緑の鼻水が出て鼻の奥が臭い…何かの病気?

サラサラとした水っぽい鼻水を止めるために何をすればいい?

水っぽい鼻水はとめどなく溢れてしまいます。日常生活も億劫に感じられてしまうかもしれません。そこで、専門家にさらさらした鼻水を止めるための方法をお聞きしました。

部屋は適宜掃除して埃をためないようにしましょう。シーツはこまめに取り替え、布団もお日様に当てて清潔にする必要がありますが、花粉症の場合は外に干すより布団クリーナーを使用した方がよいでしょう。(看護師)
部屋の湿度は、50~60%とやや高めにするとよいでしょう。加湿器がなければ、洗面器にお湯を入れて置いたり濡れたタオルを掛けておいたり、大きめの観葉植物を置くのもよいです。(看護師)

なぜ鼻水が水っぽくなってしまうのか?

透明でサラサラ、水っぽい鼻水はなぜ出てくるのでしょうか? 専門家にそんな鼻水が出てくる原因についてお聞きしました。

サラサラの鼻水で寝起きにひどいのなら、アレルギーの可能性があります。まずは病院で、ハウスダストや花粉などのアレルギー検査を行った方がよいでしょう。小鼻のくぼんだ部分や眉毛の内側のくぼんだ部分に、鼻水をコントロールするツボがあるので、試しに1日に数回、5秒ほど押してみてください。(看護師)
鼻水の種類は透明や黄色や緑色、状態もサラサラしたものから粘り気のあるものまで様々です。今回は透明でサラサラの鼻水なので、アレルギー性鼻炎が考えられます。風邪の初期症状でも同じようにサラサラした鼻水が出ますが、風邪の場合は透明の鼻水から粘り気のある黄色い鼻水に変化していきます。(看護師)
アレルギー性鼻炎は、ダニや埃などのハウスダストが原因となり年中鼻水が出続けますが、花粉症は季節性のものなので、その時期が過ぎれば落ち着きます。春先に多いといわれますが、ブタクサなど夏に発生する花粉症もあります。まず、自分が何に対してアレルギーがあるのかを知ることが大切なので、耳鼻科でアレルギー検査を行って原因を除去することから始めましょう。(看護師)
アレルギー性鼻炎は、朝晩に症状が悪化することが多いです。現在では眠くならない抗ヒスタミン薬もあるので、薬剤師がいる薬局で購入するか耳鼻科で処方してもらうとよいでしょう。(看護師)

鼻水にも種類があり、サラサラと流れるような鼻水はアレルギーの可能性があります。まずは鼻水の原因を知ることが先決なので、早めに病院で検査をしてもらうとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加