健康

2015/11/19

かきむしった後の色素沈着…何とか治したいがよい方法は?

かきむしった後の色素沈着…何とか治したいがよい方法は?

我慢しがたい、皮膚のかゆみ。どうしてもかきむしってしまうものの、その後、皮膚の色素沈着に悩んでいるという相談が寄せられまた。何とか治す方法はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「かきむしった後の皮膚の色素沈着に悩んでいます」

もともとアレルギー体質のため、冬などの乾燥しやすい時期に体がかゆくなり、我慢しきれずかきむしってしまいます。薬局で皮膚の塗り薬を買って自分で治療しています。傷は治るのですが、治った部分の皮膚が変色してしまい非常に困っています。特に友人などと旅行に行き入浴する際に人の目が気になり、どうしても治したいと思っています。皮膚の状態をよい状態に保つ方法と、塗り薬や飲み薬を利用して色素沈着を治す方法はないでしょうか。(20代・男性)

自己判断での市販薬より皮膚科受診がおすすめ

よかれと思って市販薬を塗っても、薬が合わず悪化の恐れが。生活を整えるとともに、皮膚科で本当に合う薬を処方してもらったり、レーザー治療を検討するほうがよいようです。

市販の薬より、皮膚科でご自身の症状にあった薬で治療してください。皮膚のトラブルは、合わない軟膏を塗ることで悪化させる場合があります。アトピーによる色素沈着は、肌のターンオーバーを整えることで改善される場合もありますから、規則正しい生活で、睡眠をしっかりとって、疲れやストレスをためないようにしてください。(看護師)
どうしても気になる場合は、色素沈着用の軟膏や、レーザーで取り除くこともできます。医師に相談してみてください。(看護師)

清潔と保湿、そして発酵食品も助けに

低刺激を心がけつつ、清潔と保湿に努めましょう。また、発酵食品を積極的に摂ることで皮膚の新陳代謝が高まるため、改善につながるようです。

かゆみが出たときは、かかずに、冷たいタオルで押さえるようにしてください。アトピーの方は、清潔と保湿が基本です。体はアトピー用か、低刺激の石鹸で、ナイロンタオルやスポンジは使用せず、手で洗ってください。入浴後や肌が乾燥するときは、クリームやローションで保湿してください。(看護師)
皮膚の新陳代謝をよくするために、発酵食品を摂るようにしてください。たとえば、キムチや納豆、味噌、ぬか漬け、ヨーグルトなどです。これらを摂取することで代謝がよくなりますし、中~長期的に摂取することでアレルギー症状も改善するといわれていますので、体質を改善するためにも試してみて損はないかなと思います。他にも、生の野菜や果物を摂ることでも効果は得られるようです。(看護師)

かきむしった後の皮膚の色素沈着を治すには、市販薬よりも皮膚科にかかってきちんと合う薬を処方してもらうのがよいようです。悪化させないために清潔と保湿を心がけ、新陳代謝を促進するため生活リズムを整え、発酵食品を積極的に摂りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加