メンタル

2015/11/17

またうつ状態になるかも…不安だけでも病院で診察可能か?

またうつ状態になるかも…不安だけでも病院で診察可能か?

誰だって、絶好調の時期ばかりではありませんが、過去にうつ病のような症状でつらい思いをした経験があると、またあんな状態になるかもしれないと不安になることも。その不安、医師などに相談した方がよいのでしょうか。

20代男性からの相談:「再度うつ状態になる不安があるとき、病院で診察してもらえるか」

仕事で失敗が続いて落ち込んだ時期がありました。当時は毎朝吐き気がして、自殺ホットラインなどに相談したこともあります。うつ病だったのと思っています。幸いその状態から脱して今は問題ありませんが、また同じような状態になるかもと思うと不安です。こんな場合も、病院で診察していただけるのでしょうか。(20代・男性)

元気になっていても注意すべき症状

過去のつらかった症状を思い出し、今後あるかどうかわからない再発について不安に思っている相談者さん。専門家によると、今は元気になっていても注意すべき症状というのはあるようです。

誰しも気分が落ち込んだり、何もしたくなくなる、食欲が落ちる、引きこもりがちになるというようなことはあります。これらが一時的なもので、気分転換で改善されるようなら特に心配ありません。(看護師)
好転してからの状態はどういうものでしょうか。極端に気分が高揚するようになった、自尊心が高まった、注意力が緩慢になった、よく活動するようになった、多弁になった、睡眠時間が短くなったなどの変化があれば要注意です。このような症状があれば、双極性障害(躁うつ病)が疑われます。(看護師)
今後、以前のような状態が長期にわたって続き、希死念慮(きしねんりょ:死にたいと思う気持ち)があるようでしたら注意が必要です。(看護師)

気負わずに相談してみて

過去の症状がうつ病だったのかどうかは不明ですが、不安を抱え続けるストレスは大変なものです。あまり気負わず、風邪で病院に行くときのような気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。

現代社会はストレスの多い時代。100人に1人はうつ病になるといわれるぐらい、うつ病は一般的な病気です。拝見した内容だけでは断定できませんが、うつ病の可能性はあるかもしれません。インターネットで「うつ病、チェック」などのキーワードで検索すると診断サイトが見つかりますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。(看護師)
気持ちが安定していて、日常生活や社会生活に問題なければ心配ありませんが、念のため病院でカウンセリングを受けることは可能です。精神科に抵抗があるようなら、心療内科のカウンセリングを受けてみてください。(看護師)
うつ病かもしれないと思って受診されることには、なんら問題ありません。精神科か心療内科を受診してみてはいかがでしょう。もちろん、自殺ホットラインのように話を聞いてくれるところもあるので、病院を受診するのは敷居が高いと感じるようなら、電話などでの相談でもよいと思います。(看護師)

うつ病は、ごく身近な病気の一つ。本人でなくとも、家族や友人がかかってしまうことも大いにあり得ます。ずっと心配し続けるより、まずはリラックスできる方法で、医師や相談員などの専門家に相談してみるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加