健康

2015/11/11

デスクワークによる慢性的腰痛…完治することは可能?

デスクワークによる慢性的腰痛…完治することは可能?

デスクワークで腰痛になってしまった経験をお持ちのかたは多いかもしれません。今回の相談は10年近く腰痛に悩まされているということですが、デスクワーク中にどのようなことに気をつければ腰痛から開放されるのでしょうか。

30代男性からの相談 :「デスクワーク中心で腰痛がひどい」

31歳男性です。社会人になった22歳頃から、腰が痛くなりました。仕事は主にデスクワークで、1日の中で座っている時間が長いです。ストレッチを試しているのですが、よくなる気配がありません。約10年間こんな状況が続いているので半ばあきらめていますが、できることなら治したいと思っています。デスクワーク中心の生活で、腰痛を克服できるような習慣、方法や道具があれば、ぜひ教えていただきたいです。(30代・男性)

男女ともにデスクワークをしている人で同じ悩みを抱えている人はたくさんいることでしょう。20代で腰痛持ちになってしまった今回の相談者さんですが、病院などで診てもらったのでしょうか? 最近では整体の数も増えてきている印象で身体を診てもらえる場所は増えましたが、時間の少ないサラリーマンでもできる、できればデスクで座りながら行えるストレッチやマッサージはあるのでしょうか? 専門の方にお話しを伺いましょう。

腰痛が起きる原因

長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の硬直や、骨盤などのゆがみが考えられます。

なぜ10年も病院を受診しなかったのでしょうか。年齢を重ねると関節や筋肉が硬くなり、慢性の腰痛になってしまうので、難治性になってしまいます。骨盤のゆがみや、腰椎のゆがみによる腰痛でしたら、自身の症状にあったストレッチや体操を行わないと、逆に悪化させてしまう場合があります。(医師)
デスクワークでの腰痛は筋肉痛と違い、動かさないことで筋肉が固まり痛みとして生じています。恐らく今までクッション等は購入されて効果がなかったのではないでしょうか。結局、同一姿勢で仕事をしているわけですから、根本的な解決になっていません。(看護師)

腰痛の解消に有効な方法

それぞれの症状に合った対処法がありますので、専門家に診てもらうことが先決です。仕事中でも時々身体を動かすことも心がけましょう。

まずは整骨院や整形外科で腰の状態を検査してください。なるべく同じ姿勢を続けないこと、デスクワークでも時々は立って背伸びしたり、腰を曲げ伸ばして軽い体操を行ってください。(医師)
できるだけ腰を冷やさないようにすること、入浴時は湯船につかってしっかり温まり、冷えないうちにベッドに入るようにしてください。コルセットで腰を固定することも効果的ですが、コルセットも自身にあったものを病院で作成してもらうといいでしょう。(医師)
腰痛を解消させるには、動かしましょう。1時間に1回は腰をひねる、伸ばす、前かがみになるといった動作を意識して行ってください。私たち看護師も夜勤の際にはデスクワークに近い作業をしますが、途中で巡視をしたり席を立ったりして動かしています。そのせいか腰痛で悩んでいる人はおらず、動かすことで腰の筋肉への血液循環を増やすことが大切であるといえます。(看護師)

腰痛とひとことでいっても人によって症状は様々です。仕事中に時々、身体を動かすことでも改善は期待できますが、まずは専門家に診てもらい、症状に合った対処を行うことが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加