多汗症

2015/11/11

サラサラだった汗に粘り気が…歳とともに汗の質は変わる?

サラサラだった汗に粘り気が…歳とともに汗の質は変わる?

中高生の頃はサラサラだった汗。青春時代の汗の思い出はそう悪いものではないのに、歳とともに汗臭いイメージに変わってしまいます。汗自体、以前と比べると粘り気を帯びてくるように感じられますが、汗の質は変わるものなのでしょうか。若い頃の汗を取り戻すことはできるのでしょうか。

20代男性からの相談:「歳とともに汗が臭く、粘り気が出るようになった」

中学生や高校生の頃の汗はサラサラで、臭いも少なかった気がするのですが、歳を重ねるごとに臭いが強くなり、汗に粘り気が混じってきたような気がします。年齢を経るごとに汗の成分が変わり、臭いや粘り気が増すということはあるのでしょうか。また、そのような汗の臭いや粘り気を根本的に解決する方法はあるのでしょうか。できれば薬や手術以外の対策を教えてください。(20代・男性)

原因は食生活と運動不足。汗の凝縮が粘りや臭いに

もともと汗は無臭ですが、凝縮することで粘り気や臭いを発生するようになります。汗を凝縮させるのは食生活や運動不足。生活習慣が汗の質を変えてしまうようです。

男性は、女性に比べて、皮脂や老廃物の分泌が盛んで、年齢を重ねると男性特有の臭い成分を発生します。(看護師)
食生活や運動不足で汗が凝縮され、粘り気が出たり、もともと無臭の汗が凝縮されることで、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いも発生しやすくなります。(看護師)

運動で汗を循環させて。汗をかいたらこまめにケアを

汗の循環が汗の質を向上させます。たっぷり水を飲み、運動で汗をかくように心がけましょう。汗をかいた後のケアも大切です。食生活も大きな影響を与えます。食事を見直すことで改善が見込めます。

できれば毎日、少しきついかなと思うような運動を行って、汗をかくようにしてください。汗をかくことで汗が循環され、サラサラの汗になります。(看護師)
1日2000mlを目安に水分補給してください。消臭効果があるといわれている紅茶、緑茶、ハーブティーやウーロン茶がよいでしょう。(看護師)
食事も、肉類やケーキ、ジャンクフードなど、動物性脂肪を含むものは控え、野菜類を中心とした食事がオススメです。肉より魚の、バランスのとれた、血液をサラサラにする食事を心がけてください。(看護師)
汗をかいたらこまめに拭き取り、汗のついた服はできれば着替えて、早めに洗濯してください。(看護師)
入浴時はしっかり湯船につかって、汗をかいてから身体を洗うようにしてください。(看護師)

もとは無臭の汗も、食生活や運動不足の影響で、粘り気が出たり、臭うようになるようです。野菜中心の食事を心がけるとともに、運動で汗を循環させて、汗の質を高めましょう。汗をかいたら、こまめに着替えることも大切です。できることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加