陰茎

2015/11/06

我慢汁が男性器から出やすくて恥ずかしい…改善法は?

我慢汁が男性器から出やすくて恥ずかしい…改善法は?

性的に興奮して濡れるのは女性だけでなく、男性にも見られる現象です。相談者の男性は濡れ具合いが年々増してきて恥ずかしいと悩んでいるようですが、うまく抑える方法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談 :「ガマン汁が出すぎて恥ずかしい…男性にも濡れやすい人はいる?」

若い頃から性器が濡れやすく、勃起時にガマン汁が出やすい方だとは思っていましたが、年齢とともにその度合いが増してきました。女性と営む際にも、こちらはまだ何もされていないのにパンツの中まで濡れてしまうことがよくあります。パンツを脱ぐとダラダラと汁が垂れてくるので大変恥ずかしいです。よく女性には濡れやすい方がいると聞きますが、男性も同様でしょうか。改善する方法があれば教えてください。(30代・男性)

ガマン汁と呼ばれるカウパー腺液について

正式にはカウパー腺液と呼ばれるガマン汁には、精子のダメージを阻止する大切な働きがあります。ただし量が多すぎるときは、受診が必要なケースも考えられます。

性行為の際に女性が濡れるのは男性を受け入れやすくするためですが、男性も同じように射精の前に潤滑剤の役割をする体液が出ます。性行為がなくても、性的なものを想像したり、見たり聞いたりすると出る場合もあります。(医師)
「ガマン汁」は正式には「カウパー腺液」といいます。カウパー腺液も精子も、結果的には尿道を通って排出されます。 (看護師)
尿道は酸性ですが、精子はアルカリ性です。そしてカウパー腺液もアルカリ性です。精子は酸性に弱いため、尿道が酸性のままでは射精するときに膣に入る前にダメージを受けてしまいます。女性の膣内も酸性ですので、精子にとってはダブルパンチとなります。カウパー腺液の本来の目的は、酸性の尿道を精子よりも先に通ることでより尿道をアルカリ性にして精子のダメージを防ぐ働きがあるそうです。(看護師)
精液だけでなく、この体液にも精子が含まれていますので、避妊をお考えでしたら注意してください。異様に多い場合は、生殖機能に問題がある可能性もあります。泌尿器科や男性専門のクリニックを受診してください。(医師)

分泌が多い理由と解決法

ストレスなど心的要因が関係している場合は、食事や生活習慣の改善が求められます。また、カウパー腺液の分泌量は、ホルモンバランスを整えることで調整できるともいわれています。

たくさん出る理由は、性的刺激に敏感、ホルモンバランスの影響、ストレスなど心因性のもの、性行為が少ないなどが考えられます。改善するためにはストレスをためないこと、規則的な生活を心がけて適度な運動をすること、バランスのとれた食事をとること、性的刺激を避けるなどがあります。(医師)
カウパー腺液が多すぎると、膣内の酸性も和らげて精子のダメージを減らし、妊娠しやすくなるそうです。カウパー腺液の分泌量の増減は複雑なホルモンバランスで調整されているといわれています。加齢して分泌が増えたということですが、生活習慣の変化などでホルモンバランスが変わったのかもしれません。量を減らすには薬剤でホルモンバランスを変えるものがあるようです。 (看護師)

生活習慣の見直しで改善も期待できますが、ホルモンバランスを調整する必要や生殖機能の疾患も考えられるため、量が多すぎるなど心配な場合は、病院へ相談するのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加