薄毛

2015/11/05

減らない抜け毛…間違えないシャンプー選びと正しいヘアケアとは

減らない抜け毛…間違えないシャンプー選びと正しいヘアケアとは

量販店に並ぶ、ありとあらゆるヘアケア製品。抜け毛が気になっていろいろ育毛剤、育毛シャンプーなど試したけど、効き目がなかったり悪化してしまった経験があると当然、慎重になります。シャンプー選びはいったい何に気をつければよいのでしょうか。

40代男性からの相談:「薄毛に有効なシャンプーはあるのでしょうか」

抜け毛と頭皮のべたつきが気になっています。市販の頭皮環境改善を謳った発毛シャンプーを何種類か試しましたが、一時的にすっきりしても抜け毛は減らないようです。それどころかヒリヒリとしたり、抜ける量が増えたりしたこともあります。洗髪は浸透させるために指を立てて全体、痒いところがなくなるまでまんべんなく洗っています。実際、シャンプーは薄毛に何か影響するのでしょうか。(40代・男性)

自分の悩みにあった育毛シャンプーの選び方

薬局にずらりと並んだ何種類ものシャンプーの中から、自分の薄毛の悩みや体質にあったシャンプーを一つ選ぶというのはなかなか難しいもの。では、どんなシャンプーを選ぶのがよいのか、選び方の基準やポイントを専門家に聞いてみました。

シャンプーのおすすめは無添加、天然素材や、アミノ酸系のシャンプーです。シャンプーを選ぶときは、できれば美容師や薬剤師に相談して、ご自身に合ったものを見つけて購入するのがよいでしょう。(看護師)
頭皮に合わないシャンプーは、ふけやかゆみなど皮膚病、皮膚炎の原因になりますし、抜け毛も促進してしまいます。ヒリヒリしたり、かゆみがあるようなシャンプーは、頭皮に合っていないと思われますので、速やかに使用を中止しましょう。また、スースーする爽快感が出るシャンプーは刺激が強いので低刺激のアミノ酸系のシャンプーをおすすめします。(看護師)

シャンプーの仕方で気をつけること

なるほど、数多くの髪の悩みを聞いてきた専門家に相談して選ぶというのは、よさそうです。製品を選んだら、次は正しく使うことが大切。毎日のヘアケアのときの注意点もしっかり押さえておきましょう。

実は1日の髪の毛についたホコリや汚れはお湯で流すだけでもほとんど落ち、シャンプーは2日に1回程度で良いとされています。相談者さんのように頭皮を綺麗にするためによく指を立ててゴシゴシ洗ったり数回念入りに洗髪する人がいますが、これでは逆に頭皮を傷つけたり新生毛を抜いてしまいます。シャンプーの洗浄力を信じて1回、整髪料を使った場合は2回にしておきましょう。頭を洗うときは指の腹でマッサージするように洗います。また、毎回シャンプーの前には、38度くらいのお湯で髪を十分にお湯で流してからシャンプーするようにしてみてください。(看護師)
シャンプーは直接髪につけず、手でよく泡立ててから優しく頭皮をマッサージするように洗ってください。爪を立てて洗ったり、ゴシゴシこするのは避けましょう。この行為がたくさんの毛を抜いています。最後はシャンプーの成分が残らないように、十分すぎるほどお湯で洗い流してください。(看護師)
洗髪後は、タオルドライをしてからドライヤーで髪と頭皮をよく乾燥させてください。シャンプー成分や水分が毛根に残っていると雑菌が繁殖しやすくなり、抜け毛の原因になってしまいます。(看護師)
シャンプー以外に注意すべきこともあります。不規則な生活や睡眠不足、インスタント食品などの多い偏った食生活は抜け毛を促進させてしまいます。心当たりがあれば改善するように心がけてみてください。バランスの取れた食生活をこころがけ、不足しがちな亜鉛も意識的に摂りましょう。亜鉛はレバーなどに多く含まれています。(看護師)

つまり、シャンプーそのもので薄毛を改善するというよりは、洗髪方法やその後のケアが抜け毛対策のポイントというわけです。また、規則正しい生活習慣や、バランスのよい食生活も抜け毛の改善に役立つようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加