薄毛

2015/11/06

育毛剤を使えば大丈夫?20代なのに髪が薄くなってきた…

育毛剤を使えば大丈夫?20代なのに髪が薄くなってきた…

抜け毛が増えたなと感じ始めたとき、まず目を向けるのが、ちまたにあふれる育毛剤。しかし、最初の一歩として育毛剤を使うのは、はたして正しいことなのでしょうか。

20代男性からの相談:「育毛剤って実際、効果はあるのでしょうか」

最近、頭頂部の地肌が目立つようになってきました。抜け毛も多くなったと感じます。薄毛ケアを始めたいのですが、インターネットや店頭で販売している育毛剤は本当に効果があるのでしょうか。皮膚が昔から弱いこともあり、まだ試せていません。専門病院に行って、ちゃんと診ていただく方がよいでしょうか。(20代・男性)

育毛剤やクリニックでの治療について

問題を解決するためには、原因を知ることが大切。一般的には、どんなことが薄毛の原因とされているのでしょうか。また、はたして育毛剤は薄毛の万能薬だと思ってよいのでしょうか。

薄毛の原因は遺伝や体質、生活習慣、ストレスなどがあります。一般的に、遺伝による薄毛は治療が難しいとされていますが、生活習慣や食生活の見直し、頭皮ケアで薄毛を防止することや遅らせることは可能といわれています。(看護師)
薄毛の原因によっては育毛剤が効果的な場合もありますが、逆に体質に合わない場合もあります。とくに、肌が弱いようでしたら育毛剤の使用には注意が必要です。まずは、薬剤師に相談するか、専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。(看護師)

日頃からのケアが一番のポイント

治療が必要なレベルなら専門家に相談して進めていくのがよさそうですが、そこまで進んでいないなら、日常生活の中での心がけで、頭皮環境をある程度改善することができそうです。具体的な対策を見てみましょう。

薄毛対策としては、できるだけ規則的な生活を心がけ、バランスのとれた食事をとるようにしましょう。髪によいといわれるミネラルを含む海藻類、亜鉛を含む貝類、タンパク質を含む大豆製品、卵、それらの働きを助けるビタミンを含む緑黄色野菜や果物などを多く摂るように心がけてみてください。(看護師)
夜遅い時間の食事や、動物性脂肪の多いもの、ファーストフード、インスタント食品、レトルトなどは血液をドロドロにし、頭皮の血行を悪くして薄毛を促進してしまいます。なるべく避けるようにしてください。(看護師)
シャンプーは髪に優しいアミノ酸系、天然素材、ノンアルコールのものを選びましょう。髪の汚れはお湯でほとんど落ちるので、シャンプーの前にお湯で十分流すようにしてみてください。(看護師)
シャンプーは直接つけずに手で泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗います。リンスやトリートメントも頭皮ではなく髪につけ、使用後はよくすすぎましょう。シャンプーや水分が残っていると毛根に雑菌が繁殖しやすく、フケ、かゆみ、抜け毛の原因になります。しっかりすすいだ後は、ドライヤーでよく乾かすようにしてください。(看護師)

大事なポイントは、食生活の改善で身体の中から頭皮環境を整えることと、日頃のヘアケアで頭皮を健康な状態に保つこと。できることから一つひとつ取り入れて、コツコツ続けていくのがよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加