健康

2015/11/06

雨の日、膝を曲げた際に出る痛み…関節に異常あり?

雨の日、膝を曲げた際に出る痛み…関節に異常あり?

天気が悪いと感じる関節の痛み。運動不足も関係しているのでは?という今回の相談ですが、どのようなことを気をつければ改善するのでしょうか。

30代男性からの相談 :「天気が悪いと、膝を曲げるときに痛くなる」

雨が降って気温が下がったときに、右膝を曲げる際に膝の裏側の外側方面に引っ張られる感覚があり、痛みを感じることがあります。その患部周辺をさすったときにも少し痛みを感じます。最近あまり運動していないこともあり、筋肉の柔軟性が失われているだけかもしれませんが、膝の関節自体も異常があるのでしょうか?今後このような症状が出た際に効果的な運動をどの程度行えばよいかなど、予防対策を教えてください。(30代・男性)

なぜ膝の痛みが起こるのか

低気圧などの天候によって起こる痛みには、交感神経が関係しているようです。他にも体重の増加や靴など、いくつか原因が考えられます。

天気が悪いときに気分の落ち込みや体調が優れないことはよくあり、低気圧が交感神経に影響を与えるせいといわれています。もともと腰痛や膝痛の方は、副交感神経が刺激されることで身体が緊張し、血管が収縮されて痛みが生じます。(医師)
腸頸靭帯炎に似た症状だと思いますが、ここでは診断はできませんので、あくまで参考までに。俗にランナーズニーともいわれています。そのような症状が出現した際は、患部を冷やしてください。休養すると炎症が治まって痛みがとれます。(看護師)
O脚だったり体重の増加なども原因としてあります。症状が続く、あるいはひどくなるようでしたら、医療機関を受診されることをおすすめします。(看護師)
靴が合っていないというのも原因として考えられますが、いかがでしょうか。(看護師)

日頃の生活習慣で気をつけること

ストレッチや日常的な運動でも改善が期待できますが、ひどくなる前に一度、医者に相談されるのがよいでしょう。

運動不足ということなので、30分以上の有酸素運動、たとえばウォーキングなどをされてはいかがでしょうか。もちろん準備運動やストレッチを忘れないようにしてください。(看護師)
運動不足も原因の一つと考えらえますので、まずは30分程度の散歩やストレッチ、階段の利用、一駅前で降りて歩くなど、軽い運動を心がけてください。痛みがあるときは無理しないでください。(医師)
椅子に座るときは、足を組まず正しい姿勢を意識し、長時間の同じ姿勢は避けてください。なるべく下半身を冷やさないようにすること、入浴は湯船につかり、全身の血行をよくしてください。痛みの原因が炎症であれば、温めることは逆効果です。一度、病院を受診してください。(医師)

運動不足の改善も予防策になり得ますが、症状が長引く前に一度、病院で診てもらうことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加