健康

2015/11/07

首と肩の強烈なコリ…根本的な治療法は?

首と肩の強烈なコリ…根本的な治療法は?

デスクワークと肩や首のコリは切っても切れない関係ですが、なんとかしたいものです。コリが酷くて整体へ行ったものの、続けて通うのは難しいという今回の相談。日頃どのような工夫をすればコリから解消されるのでしょうか。

40代男性からの相談 :「整体へ行かずにコリを治したい」

約2年前から首と肩に強いコリがあります。デスクワーク中心なので姿勢の悪さが原因ではと整体院に行ったところ、若干体の左右のゆがみはあるものの、ストレートネックではありませんでした。どうやら首や肩の筋肉が緊張しているようで、自律神経失調症と判断しています。ストレッチをしたり日常の姿勢に気を付けていますが改善しません。整体に通うのもお金と時間がかるため、根本的な治療法を探しています。(40代・男性)

デスクワークと肩コリの関係

長時間同じ姿勢でいることで、血流が悪くなったり、筋肉が硬直しているのが原因と考えられます。

首や肩、腕周りの痛みやコリ、しびれがあっても病因が特定できない疾患を頸肩腕症候群といいます。ご存知の通りデスクワークによって同じ姿勢でいる時間が長いこと、運動不足や血流が悪いことが原因といわれています。(医師)
デスクワーク中心ということですが、仕事中にこまめに休憩はとっていますでしょうか。1時間に5~10分とることが推奨されています。同一姿勢での長時間の作業は知らず知らずのうちに筋肉を硬直させるなどしてしまうため肩や首が疲れてしまいます。(看護師)

コリを解消する方法

正しい姿勢でいることや、時々休んでストレッチをすること、日頃から患部を冷やさず温めるようにすることなどが大切です。

慢性的に続いたものですとなかなか直ぐに効果のある方法とは感じにくいかもしれませんが、既に行われているストレッチや柔軟体操を継続してお仕事をされることをおすすめします。これでしたら費用もかかりません。(看護師)
ストレッチや、軽い体操を行うことはよいことです。仕事中も時々背伸びしたり、腰を曲げ伸ばしして運動してください。入浴時は湯船につかって温まり、血行をよくしてください。寝る時もタオルなどをまいて、首や肩が冷えないようにしてください。(医師)
寝具は自身の首や肩にあった高さや硬さのものを選んでください。理想は横向きで休んだときに、脛骨と背骨が水平になった状態です。歩くときも座っているときも、背筋を伸ばし、正しい姿勢を心がけてください。(医師)
肩や首を温めるグッズなどを取りいれてはいかがでしょうか。商品名などは紹介できませんが、整体にかかるよりは安価です。あとはパソコン等を扱うデスクワークでしたら目の疲れも感じたりしてそれが首や肩に影響してくることもあるので目を休めてあげることも考慮してみてください。(看護師)

長時間のデスクワークで凝り固まった筋肉や血流をよくするためには、作業中も時々休んでストレッチなどを取り入れ、普段から肩や首を冷やさないよう工夫してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加