体臭

2015/11/01

上司の加齢臭がきつく自分も心配に…原因と予防法は?

上司の加齢臭がきつく自分も心配に…原因と予防法は?

「加齢臭」という言葉が一般的になったのは、そう昔のことではありません。一般的には中年期からといわれる加齢臭ですが、それ以前でも発生する場合があるようです。原因はいったい何なのでしょう。何かよい解決策はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「加齢臭の原因と対策について」

会社の50歳過ぎの上司は加齢臭がかなりきつく、同行の際は一番遠い席に座るぐらいです。自分では気づきにくいと思いますが、臭いに関しては指摘しづらいところです。そもそも、中年以上になると出てくる加齢臭の原因は何なのでしょうか。また、自分でできる予防方法があれば教えてください。(40代・男性)

男だから仕方ない?加齢により発生する臭いの原因

「もしかして、周りに迷惑をかけているのではないか」という点が、一番悩ましい臭い問題。加齢に伴い発生しやすくなるという臭いの原因には、どんなことが考えられるのでしょうか。

男性は皮脂や老廃物の分泌が多いことや男性特有の臭い成分の影響で、加齢臭を発生しやすい傾向にあります。(看護師)
加齢臭は年配の方に起こると思われていますが、最近は、食生活や生活習慣の変化、ストレスなどによって若い方にも起こります。また、加齢臭とは別のものといわれているミドル脂臭は、30代からでも発生します。(看護師)

臭いを発生させにくくする生活習慣

人に注意しにくいということは、自分が臭っていてもなかなか指摘してもらえないということ。そんな臭いを発生させないために自分でできる対策には、どんなものがあるのでしょうか。

加齢臭を予防するためには、偏った食事をしないことです。特に動物性脂肪を多く含む食品、ケーキなど甘い物、インスタントやジャンクフードは控えるようにしてください。(看護師)
身体を洗う石鹸は、消臭効果のあるものや、殺菌作用のあるものがよいでしょう。足の付け根やワキの下など皮膚が重なる部分、耳の後ろも忘れずに洗ってください。(看護師)
脂っぽい汗の臭いを気にして、汗を抑えるのは逆効果です。むしろ水分をとって、適度な運動で汗をかくようにしてください。汗をかくことで汗が循環され、質のよい汗になります。また、かいたばかりの汗は無臭ですが、時間の経過で臭いが出てきますから、汗をかいたらこまめに拭きとったり、できれば、汗のついた服は取り替えてください。(看護師)

不快な臭いを発生させないためには、身体を毎日きれいに洗って清潔を保つことのほか、バランスのよい食生活や適度な運動を続けることが、ポイントといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加