健康

2015/10/31

繰り返し口腔カンジタに…クンニリングスでうつるのか?

繰り返し口腔カンジタに…クンニリングスでうつるのか?

セックスをする上で気をつけたいのが、性病です。今回は30代の男性からの相談です。クンニリングスで繰り返し口腔カンジタになってしまうといいます。女性から感染したのでは?と考える男性ですが、本当のところはどうなのでしょうか。専門家に聞いてみました。

30代男性からの相談:「クンニリングスで口腔カンジタに感染したのか知りたい」

クンニリングスをした数日後、喉が異常にイガイガし、扁桃腺に白いコケのようなものがびっしりとついていました。耳鼻科では口腔カンジタと診断されたのですが、ネットにエイズの初期症状ともあり検査しましたが、陰性でした。その後、二人の女性とのセックスでも同じ症状を繰り返したため、クンニリングスで感染するのか、自分の抵抗力が弱いだけなのか悩んでいます。女性にカンジタの経験を聞いたら失礼でしょうか。(30代・男性)

カンジタは常在菌。繰り返すようなら自分の体内の菌が原因

カンジタは常に身体に存在しています。セックスでうつることはありますが、頻繁に起こるのであれば、自分の体内の菌が原因と考えられます。

性病は、接触感染によるものですから、陰部の接触だけでなく、口や手での行為でも感染します。カンジダは、もともと常在菌で、人の体内の存在するウイルスですが、健康なときには自覚がなく、体力や免疫力が低下したときに発症します。(看護師)
人から感染することもありますが、何回も繰り返すのでしたら、ご自身が持っている菌の作用かと思います。(看護師)

早めに病院で治療を。入浴時は殺菌作用のある石鹸で

悪化させないためには早めの治療が大切です。症状がある間はセックスを避け、入浴時には殺菌作用のある石鹸を使い、洗いすぎに注意しましょう。

身体を洗うときは、殺菌作用のある石鹸で丁寧に洗ってください。洗いすぎて症状を悪化させることがありますから、ゴシゴシ洗う必要はありません。(看護師)
自然治癒する場合もありますが、症状が進むと、尿道炎などを起こす場合があります。早めに病院で治療を受けてください。(看護師)
検査で陰性でしたら、エイズの心配はありませんが、今後のことも考え、不特定多数の方との性行為は避けてください。(看護師)
女性に確認するのも予防するための一つの方法ですが、やはり、聞かれていい気分になる人はいないと思います。症状があるときは、性行為を避けましょう。(看護師)

カンジタは常在菌なので、繰り返し発症するようなら、自分の体内の菌が原因と考えた方がよさそうです。悪化させないためにも早めに病院で治療しましょう。エイズが心配であれば、不特定多数とのセックスは避けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加