薄毛

2015/10/30

歳とともに父と同じM字ハゲに…遺伝だと対処法はない?

歳とともに父と同じM字ハゲに…遺伝だと対処法はない?

薄毛の家族がいると、自分も薄毛に悩むようになるのではという心配はつきもの。薄毛治療のクリニックなどもたくさんありますが、はたして、遺伝性の薄毛は治療が可能なのでしょうか。

30代男性からの相談:「遺伝による薄毛でも、対処法はあるのか」

父親がM字に禿げていて、私自身も年を重ねるごとに同じ状態になってきています。これは遺伝で、どうにもならないのでしょうか。友人が同じような状態でヘアクリニックに通っているのですが、あまり改善は見られないそうです。遺伝による抜け毛はどうすれば治るのでしょうか。(30代・男性)

遺伝が原因の薄毛のタイプは

薄毛の原因は様々で、遺伝が原因ということも少なくありません。相談者さんはM字状に薄くなってきているようですが、これは遺伝性のものなのでしょうか。また、治療で改善できるのでしょうか。

薄毛にはO字型、M字型、それらが混合した複合型などのタイプがあります。原因は様々といわれていますが、M字型の場合、遺伝による要素が強いといわれています。(看護師)
遺伝による薄毛を改善するのは難しい、といわれています。しかし、早い段階から治療を開始したり生活習慣を改善することで、進行を遅らせることは可能とされています。(看護師)

薄毛の進行を遅らせるために自分でできること

専門機関を受診しないと断言できないとはいえ、相談者さんの状況だと遺伝の可能性も高そうです。改善は難しくとも、進行を遅らせることは可能とのことですが、どんな点がポイントなのでしょうか。

進行を遅らせるには、専門のクリニックなどで症状に合わせた治療を行うことも必要ですが、不規則な生活や偏った食事では治療効果は思うように得られません。できるだけ規則的な生活で、睡眠をしっかりとって、疲れやストレスをためないようにすることも大切です。(看護師)
成長ホルモンは寝ている間に分泌され、育毛にも大きく影響を与えます。できれば日頃から24時前に就寝するように心がけてください。(看護師)
育毛には食生活も大切です。髪の栄養になるタンパク質、ミネラル、ビタミンなどを多めに摂ることを心がけ、逆に動物性脂肪を含むもの、インスタントやレトルト食品など添加物を含むものは避けてください。(看護師)
日常的に少しきついと思うくらいの運動を行って、代謝や血行をよくしてください。すぐには効果が出ないと思いますが、続けることが何よりも大切です。(看護師)

食生活や生活リズムの改善、日頃からの運動などで薄毛の進行を遅らせることが可能とのこと。身体全体の健康にも効果がありそうなこれらのポイント、できることから早速とり入れてみるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加