健康

2015/10/28

洗っても出る頭皮の脂…脂性の人に適したシャンプー法は?

洗っても出る頭皮の脂…脂性の人に適したシャンプー法は?

不快な頭皮のべたつきには洗髪が一番ですが、シャンプーのしすぎも皮脂が過剰分泌されそうで考えものです。脂性の人は、どの点に注意してシャンプーをすればよいのでしょうか。

50代男性からの相談 :「脂性対策ができる適度なシャンプー頻度はどのくらい?」

私の頭皮は脂性で、毎日夕方になると脂が浮いてくるような不快感があります。夜の入浴時に皮脂効果のあるシャンプーで念入りに洗っていますが、3時間程すると脂が指につきます。朝も出勤前にお湯で頭を洗っており、シャンプーの回数が多いために逆に脂が分泌されているのかもしれませんが、頭皮の状態から洗わないわけにはいかず悩んでいます。脂性の人の適度なシャンプーの回数と洗い方をご指導ください。(50代・男性)

シャンプーの際の注意点

汗をかいたらこまめなシャンプーが必要です。その際、頭皮の洗い方や洗髪後のケアにも注意してください。

汗をかいたら、なるべく早めにシャンプーしてください。シャンプーの前に湯船につかって毛穴を開かせ、お湯で十分に洗い流し、シャンプーは手のひらで泡立ててから、マッサージするように洗ってください。ゴシゴシ擦ったり、何回もシャンプーすると、頭皮を傷つけて逆効果です。シャンプーは、抗菌作用のあるものがいいでしょう。(看護師)
フケには乾燥によるものと、皮脂によるものがあります。頭皮がべたつき、ある程度大きさのあるフケでしたら、皮脂によるものと考えられます。脂性タイプのフケの場合は、頭皮を清潔にすることです。(医師)
シャンプーのあとは十分すぎるほどすすぎ、ドライヤーでしっかり乾燥させます。シャンプーや水分が残っていると雑菌が繁殖しやすく、フケ、かゆみの原因になります。(看護師)

規則正しい生活習慣を

皮脂が過剰分泌を起こさないよう、規則正しい生活習慣や食事も大切な要素となってきます。

日常生活では、規則的な生活を心がけること、ストレスをためないことです。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、頭皮の環境を整えますから、睡眠はしっかりとるようにしてください。(医師)
食べ物は脂っこいものは避けること、ビタミンBを摂るようにしてください。ビタミンBはレバー、魚介類、大豆製品、穀類、果物に含まれていますから、様々な食材をバランスよくとるようにしてください。ビタミンBはストレス予防にも効果があります。(医師)

皮脂を過剰分泌させないためには、シャンプーで頭皮を清潔にしておくことももちろんですが、日頃の食事や生活習慣を整えておくことも大事なことといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加